30坪の家が広く見える間取りアイデア集|茨城でおしゃれな注文住宅を建てる

奥行の広いLDK

マイホームの広さは住みやすさに関わる重要な要素ですが、土地の条件や予算などの事情で、限られた床面積で間取りを考えなければいけないケースも少なくありません。

特に30坪前後のお住まいは、収納スペースを確保しながら居住スペースに圧迫感が出ないよう、間取りの工夫が必要になってきます。

今回は30坪の注文住宅を広く見せる間取りアイデアをたくさんご紹介します。実際の間取り事例を見ながら、広くて暮らしやすい家づくりのヒントを学んでみましょう。

 

4人家族で30坪、のびのび暮らせる?

お子さん2人の4人家族だと最低でも3LDKの間取りが必要になりますが、30坪だと少し厳しいイメージがあるかもしれませんね。しかし結論からお伝えすると、間取りに工夫すれば狭さを感じずにのびのび暮らすことは可能です。

コンパクトな家はうまく間取りを配置できれば効率的な暮らしにつながりますし、建築費用を抑えられるのも大きなメリットです。気に入った土地の面積が狭いとき、予算を抑えたいときは、今回ご紹介する間取りアイデアを駆使して小さくても暮らしやすい住まいを目指してみましょう。

 

30坪の家が広く見える間取りアイデア集

 

・リビング間仕切り:延床面積:105.99㎡(32.06坪)

リビング間仕切りで隣の部屋と一体化

縦長リビングと隣接する居室の間に間仕切りを設け、オープン・クローズでお部屋の広さを切り替えられるようになっています。

 

間仕切りでリビングの開放感がアップ

単に壁でふさぐよりかなり開放感がアップして、隣の窓からの自然光も明るく広いリビングに見せてくれます。動線の選択肢が増えて、移動効率がアップするのも大きなメリット♪階段と廊下をリビングとつなげて、視覚的な広さをプラスしているのも細かい工夫の一つです。

 

【詳細】⇒K様邸|木づきの家

 

・吹き抜け:延床面積:110.27㎡(33.34坪)

吹き抜けの開放的なリビング

二階の天井までの高い吹き抜け空間は、実際の床面積よりかなり広さを感じさせてくれる間取りです。高い窓からの自然光が入り、お部屋を明るく見せてくれるのも開放感につながるポイント。

 

吹き抜けとリビング階段の組み合わせ

2階の床面積が減ってしまう点はデメリットですが、こちらのお住まいのようにリビング階段にするなど空間を有効活用する方法もあります。

部分吹き抜けにして2階の一部を部屋にするなどさまざまなパターンがあるので、ライフスタイルに合わせて考えてみましょう。

 

【詳細】⇒空を切り取る家 シリーズ/ALBEROVIVACE

 

・梁見せ天井 延床面積:110.96㎡(33.56坪)

リビングを広く見せる梁見せ天井

二階の床がない平屋の特性を活かし、屋根の形そのままの梁見せ天井で広々としたリビングを演出しました。

無垢材の梁は力強くおしゃれなアクセントとして、お部屋を素敵に見せてくれる効果もあります。

 

シーリングファンと高窓のある梁見せ天井

断熱性能にこだわり、シーリングファンでお部屋の空気を均一に保つことで冷暖房効率も問題なく快適な空間です。

 

内廊下の天井高もアップして広さを演出

内廊下も高い天井で開放感を与えつつ、ハイサイドライトから自然光を入れて明るく仕上げました。平屋や下屋根がある間取りなら、積極的に採り入れたい広見せアイデアです。

 

【詳細】⇒子育て世代の平屋住宅 シリーズ/平倭の家

 

・廊下のない間取り:延床面積:90.75㎡(27.45坪)

リビングからすべての部屋につながる廊下の無い間取り

30坪弱のコンパクトな平屋住宅の広さを活かすため、リビングを回廊のように使う廊下のない間取りを採用しました。住まいの中心であるLDKからどのお部屋にもアクセスできるため、効率の良い家事動線・生活動線を描けるのが特徴です。

 

広い玄関から3つの動線を選べる

玄関からお部屋につながる廊下も無くし、そのぶん広い土間空間を設けました。袖壁で2ルートに分かれたシューズインクロークのようなレイアウトで、収納力・使い勝手ともに優れた玄関です。

 

行き止まりのない洗面とパントリーのショートカット

キッチンからパントリー・洗面を抜けてリビングにつながるルートも設け、行き止まりを無くしてひろびろとした印象に♪回遊性が高く複数の家事を同時にこなせるお住まいになりました。

 

【詳細】⇒N様邸|平倭の家

 

30坪の間取りを暮らしやすく仕上げるポイント

 

・デッドスペースを活用する

デッドスペースを活かすロフト空間

限られた床面積の中でひろびろと暮らすためには、使われていないデッドスペースをうまく活用することが大切です。

例えば天井材でふさいでしまう小屋裏空間はかなりの広さがあり、収納やロフトにすれば床面積を増やすことができます。階段下もトイレや1畳程度の収納になりますし、定番の床下収納もデッドスペースの活用と言えますね。

使いにくい場所は使用頻度の低いアイテムの保管場所にするなど、工夫すればさまざまな用途に活用できます。

 

【関連コラム】⇒後悔しない新築収納の考え方|茨城県の家事ラク注文住宅実例

 

・回遊性を高める

回遊性の高い玄関間取り

行き止まりを無くして住まい全体の回遊性を高めると、移動効率をアップさせつつ広く見せることができます。

隣同士の部屋にドアを設けるだけで移動が便利になるケースも多く、費用対効果の大きい取り組みです。次の間取りへのつながりが見えると、精神的に実際の床面積より広く見える効果も期待できます。

 

【関連コラム】⇒令和の家事動線間取りアイデア集|30坪家事ラクハウス実例

 

・通路を減らす

廊下をなくしたリビング階段の間取り

移動だけに使う通路が多いと居住スペースや収納を圧迫してしまうため、なるべくほかの間取りと兼用するのがおすすめです。

例えば上の写真のようなリビング階段の間取りは、廊下と階段ホールを省略することでかなり床面積を有効活用できます。キッチンから直接二階に移動できるので、家事効率がアップするのも暮らしやすさにつながるポイント。30坪前後の間取りを考えるときは、なるべくムダな通路を減らして床面積を有効活用しましょう。

 

・寝室はコンパクトにするのもアリ

必要最低限のコンパクトな寝室

一昔前までは寝室や子供部屋といえば6畳の広さが一般的でしたが、各部屋にテレビを置かなくなった現代はもう少しコンパクトなお部屋で良いケースもあります。

電子書籍の登場によって大きな本棚を置くことも減りましたし、リビング学習スタイルなら勉強机も省略できます。寝室は寝るだけの場所と割り切り、広いリビングにパーソナルスペースを設けて家族が自然に集まる場所にするのも素敵です♪

床面積の制約があり間取りづくりが難しいときは、寝室・子供部屋を削ることも検討してみましょう。

 

・余裕のある土地に建てる

広い土地に建てた二階建ての外観

暮らしやすい間取りと環境のマイホームを目指すなら、面積がギリギリの土地は避け余裕のある場所に建てるのがおすすめです。

30坪の家が建つギリギリの土地面積だと建物の形が決まってしまうため、理想的な間取りを作れないケースが少なくありません。隣の家との距離も近くなるので、目線や日当たりなどの問題も発生します。

駅前や市街地などの人気エリアだと仕方ないケースもありますが、長く暮らすことを考えるなら、少し郊外の広い土地も検討してみましょう。

 

・和室を活用する

ベッドがいらない4.5畳の和室

ベッドやチェアがいらないためコンパクトな部屋でも生活しやすい、和室を採り入れるのもおすすめのアイデアです。

上の写真のような4.5畳程度の和室でも、布団を片付ければ6畳の洋室より広く使うことができます。スタイリッシュなヘリなし畳を使えば、洋間との相性も悪くありません。

リビングの横や寝室など、一部屋和室にしておくと便利なケースも多いので、ライフスタイルに合わせて検討してみてください。

 

まとめ:30坪の家は間取りアイデアで広く・便利に仕上げましょう

せっかく間取りが自由な注文住宅を建てるなら、デザイン・暮らしやすさともにしっかりこだわって理想の家に仕上げましょう。特に30坪前後のお住まいは、間取りの工夫次第で広さや暮らしやすさが変わってきます。家族の人数・ライフスタイル・土地の広さ・予算などトータル的に考え、理想的な間取りを考えてみましょう。

茨城県でマイホームをご検討の際は、私たちエーベンハウスにもぜひご相談ください。平屋・二階建て・子育て・老後など、さまざまなライフスタイルに対応するラインナップを取り揃えております。地元密着でお客様とじっくり理想の間取りを考えるスタイルですので、どんなご要望もお気軽にご相談ください。

【建築事例一覧】

 

茨城県内の二カ所には、平屋・二階建てそれぞれの自社モデルハウスをご用意しております。こちらも住まいづくりの最初のイメージづくりや間取りアイデアの参考に、ぜひ活用してください。

エーベンハウスの二階建てモデルハウス情報

木づきの家モデルハウス

 

エーベンハウスの平屋モデルハウス情報

平倭(平屋)の家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

 

この記事を読んだ方におすすめ


・注文住宅のリビングでこだわるべきポイント|茨城の新築実例集
・家を建てる前にチェック!理想の間取りの考え方|茨城の注文住宅実例
・子育てしやすいママに人気の間取りづくり♪
・30坪の平屋を注文住宅で建てる価格と間取り~茨城の平屋でちょうどいい暮らし


Homeへ