令和の家事動線間取りアイデア集|30坪家事ラクハウス実例

家事動線に配慮したキッチン

 

共働きや在宅ワークが増えている現代では、スムーズな家事動線で負担を軽減する住まいづくりが重要です。

今回は30坪前後の注文住宅実例を見ながら、家事動線を良くする間取りのアイデアをチェックしてみましょう。

家事動線の考え方やコツについても解説しますので、これからマイホームづくりに取り組む方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

令和の住まいは家事動線が重要

家事動線が良いキッチン

家事動線とは炊事・洗濯などを行う際に描く移動ルートのことで、短くスムーズなほど効率良く家事をこなすことができます。

在宅ワークやお子さんのリモート学習の普及でおうち時間が増えている現代は、家事の負担も増加傾向。

効率の良い家事動線で短くラクちんに家事をこなせる間取りが求められています。

間取りの工夫で家事の負担が減れば、余裕ができて家族の団らんやお子さんとのふれあいたっぷりの素敵なマイホームに♪

水回りの配置やドアの位置などちょっとした工夫で家事動線が良くなることもありますので、しっかり考えて理想の家事ラクハウスに仕上げましょう。

 

30坪の家事ラク注文住宅実例

土地や予算の関係から検討する方が多い30坪前後の床面積で、家事動線にこだわった住まいをご紹介します。

 

事例①:27.45坪

ウォークスルータイプのシューズクローク

間口の大きな玄関から各部屋に行ける動線を設け、目的に合わせて最短距離を選択できる 間取りです。

廊下をなくすことで床面積も節約しています。

 

キッチンから勝手口へのショートカット

対面キッチンの奥には勝手口につながるショートカットを設置。

 

回遊性の高い洗面所

さらに洗面所まで抜けることもできる回遊性の高い間取りで、複数の家事を効率良くこなすことができます。

 

回遊性の高いLDK

リビングを中心とした動線を各部屋につなげて、お掃除なども効率よくこなせる住まいに仕上がりました♪

 

【事例詳細はコチラ】⇒N様邸|平倭の家

 

事例②:33.34坪

縦長リビングと対面キッチンのレイアウト

縦長リビングと対面キッチンの組み合わせは、お子さんを見守りながら家事をこなせるママにとってうれしい間取りです。

 

リビング階段で二階への移動時間を短縮しているのも、家事動線を良くするテクニック。

 

ウォークスルータイプのシューズクローク

ウォークスルーのシューズクロークのおかげで、いつでもスッキリ片付いた玄関をキープできます。

 

【事例詳細はコチラ】⇒M様邸|ALBEROVIVACE

 

家事動線の良い間取りアイデア

令和時代の新築住宅で人気が高い、家事効率の良い間取りをピックアップしてご紹介します。

 

・対面キッチン

おしゃれな対面キッチン

リビングダイニングを見渡せる対面キッチンは、子育て世代の方に人気の家事ラク間取りです。

お昼寝や遊び中のお子さんを見守りながら家事をこなせるので、わざわざ子供部屋に様子を見に行く手間がありません。

カウンター越しに料理を受け渡しできるので、配膳効率が良くなるのも対面キッチンの魅力。

 

・ファミリークローゼット

大きなファミリークローゼット

家族の衣類をまとめて収納できるファミリークローゼットも、家事動線を良くするアイデアの一つ。

それぞれのお部屋に衣類を配る手間がなくなり、移動時間をカットすることができます。

各部屋につながるウォークスルーの間取りにすれば、ショートカットになって回遊性もアップします。

 

・ランドリールーム

使いやすいランドリールーム

脱衣所と別の専用ランドリールームも家事ラク間取りとして人気です。

物干し場の近くにランドリールームがあれば、重たい洗濯物を持って移動する負担を軽減できます。

広めのランドリールームなら、アイロンがけや洗濯物を畳むといった作業もこなせて効率的です。

 

・キッチン⇔洗面のショートカット

洗面所とキッチンをつなぐドア

忙しい朝の時間などに活躍するキッチンと洗面所のショートカットは、人気の高い定番家事ラクアイデアです。

お湯が沸くまでの時間に洗濯機を回して、お子さんの支度を手伝いながらお鍋の様子を見るなど、効率良く複数の家事を同時進行できるのが魅力♪

住まい全体の回遊性アップにもつながり、普段の生活も効率的になります。

ドアを一つ設置するだけでかなり家事動線が良くなりますので、積極的に採用したい間取りの一つですね♪

 

・勝手口

キッチンの勝手口

キッチンの裏手から外につながる勝手口も、配置によって使い勝手が変わりますのでしっかり考えましょう。

例えば車で買い出しに行くことが多いご家庭なら、駐車場とキッチンの間に勝手口があると重い荷物を運ぶ距離を短縮できます。

ゴミの一時置き場や物置への出入りだけでなく、家事動線を良くするレイアウトの一つとして活用してみてください。

 

・シューズクローク

大型のシューズクロークがある玄関

靴以外のアイテムも多い玄関回りの家事ラク間取りとしては、シューズクロークも人気です。

お子さんのおもちゃや雨具、レジャーやスポーツ用品などもスッキリ収納できるので、玄関のお掃除がラクちん♪

玄関を広く使えるのでたくさん買い物して帰ってきたときや、お子さんの支度を手伝うのもスムーズです。

玄関は住まいの顔となりお客さんを迎える場所にもなるため、広くて気持ち良いレイアウトにするメリットも大きいですよ♪

 

家事動線が良い間取りをつくるコツ

家事ラク間取りの平屋

どの間取りにも共通する、家事動線を考えるうえでの基本的な取り組みのコツをご紹介します。

 

・水回りを近くにまとめる

炊事・洗濯・掃除に関わる水回りは、できるだけ一か所にまとめると家事動線が良くなります。

トイレ・お風呂・洗面所のお掃除は、まとめた方が効率良くこなせますよね。お料理の仕込みをしながら洗濯機を回すなど、複数の家事をこなしやすいのもgood。

 

・収納をたくさんつくる

せっかく効率の良い家事動線を考えても、モノがあふれてしまうとスムーズに移動することはできません。

スムーズな家事動線を維持するためには、使いやすい収納をたっぷりつくってムダなモノがない空間をキープすることが大切。

普通のクローゼットだけで収納が足りないときは、階段下や屋根裏などデッドスペースも上手に活用しましょう。

 

・いらないものは捨てる

たくさん収納をつくっても、使わないものまで入れてしまっては本末転倒です。

新築の間取りを考えるときは、いまあるモノを断捨離して本当に必要なアイテムを見極めることも大切。

まずは家の中にあるアイテムをリストアップして、使っていない不要なモノを確認しましょう。

 

・回遊性を持たせる

家事動線を良くする手段としては、お部屋に複数の出入り口を設けて回遊性をアップするのも効果的です。

キッチンから洗面所へのショートカットを設けたり、ファミリークローゼットから各寝室へ行けるようにしたり、最短の動線を選べる間取りを考えてみましょう。

ぐるりと一周できる間取りは、忙しい朝の時間など家族同士がすれ違うストレスの軽減にもつながります。

お掃除のときも往復する移動ロスが少なくなり、時間短縮になるのも良いですね♪

 

・実際の家事を細かくシミュレーション

ここまでご紹介した取り組みで間取りを考えたら、実際の生活をリアルにシミュレーションしてみましょう。

朝起きたら洗面所で顔を洗って、お湯を沸かしながら洗濯機のスイッチを入れる…。このようにひとつずつの行動を図面上で考えて、効率の良い家事動線になっているか確認します。

少し手間がかかる作業ですが、納得いくまで考えてムダのない効率的な家事動線を考えましょう。

 

まとめ:家事動線にこだわって理想のライフスタイルを♪

同じ30坪の注文住宅でも、間取りにちょっと工夫するだけで家事動線が良く暮らしやすい住まいになります。

お料理・洗濯・お掃除をスムーズにこなせる間取りで家事時間を短縮して、家族のコミュニケーションが絶えない理想のライフスタイルを実現しましょう♪

 

【建築事例】

 

茨城県の家事ラク注文住宅なら、エーベンハウスにご相談ください

わたしたちエーベンハウスは、ママ目線での間取りアイデアを盛り込んだ「ママフレハウス」で子育て世代の住まいづくりをお手伝いしています。

茨城県石岡市を中心に、すぐに駆け付けられる距離感の地元密着スタイルのハウスメーカーです。

家づくりに役立つアイデアを盛り込んだ資料も無料でプレゼントしていますので、お気軽にお問い合わせください。

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

平倭(平屋)の家モデルハウス
木づきの家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

Homeへ