「3人家族にちょうどいい」間取りのコツ│平屋・2階の事例とともに

開放的な空間利用の注文住宅

→施工事例:石岡市の注文住宅/ALBERO VIVACE

新築の住まいは広すぎると建築費用が高づいてしまい、狭すぎると居住スペースの狭さや収納の不足でストレスを抱えてしまいます。
このため誰しもが「ちょうどよい間取り」を求めます。

本記事では平屋と2階建てに分けて、3人家族が過ごすのにちょうどよい間取りを、実例とともに紹介します。
記事の最後では、両親と子供の3人家族がちょうどよく暮らすためのコツや考え方をお伝えします。

自分たちに適した広さ間隔はどの程度だろうかと、迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

コラムのポイント
  • 3人家族にちょうどいい「平屋」の実例が分かる
  • 3人家族にちょうどいい「2階建て」の実例が分かる
  • 3人家族にちょうどいい「間取りのコツ」が分かる

 

3人家族にちょうどいい間取り実例「平屋」編

最初に、平屋の間取りの事例を紹介します。

平屋は階段がないので上下動がなく、日々の暮らしの動線を短くできるメリットがあります。
さらに庭との距離感が近く、外とのつながりを感じやすいので、子供の情操教育の観点からもおすすめです。

対面キッチンから視界が届き移動しやすい間取り

「対面キッチン」は子供のいる家庭におすすめの間取りです。
キッチンに立って水仕事をしているあいだ、リビングやダイニングで遊んだり勉強をする子供を視界に留められます。

特に子供が小さい間は、危険な行動をしていないか気になって家事がしづらいもの。窓を開けて換気をしているあいだに、窓から身を乗り出してヒヤッとするのも、よく聞く話です。

子育て期が終わったあとも、キッチンとダイニングとの距離が近いので、夫婦間のコミュニケーションが取りやすく、夫婦仲の継続にも力を発揮します。

LDK一体で広々とした間取りの注文住宅

→施工事例:小美玉市の注文住宅/ALBERO VIVACE

上の写真の事例では、キッチン・ダイニング・リビングをひとつの空間に配置して広々とした空間を演出しています。

南側の大きな開口部からは光を十分に取り込むこともでき、明るい空間で団らんできます。
天井に配置された、床と同系色でまとめられた梁・桁は、LDKを切り分ける役目も果たしていて、空間にメリハリをつけます。

3人家族で、それぞれの息づかいを感じながら暮らしたい希望を持つ人に特におすすめの間取りです。

→関連記事:新築でおしゃれキッチンを目指すコツ

庭との距離感が近いリビング

「庭との距離感を縮める」のも、おすすめの考え方です。
3人家族で暮らすとき、室内で過ごし続けると子供がストレスを感じることもあるでしょう。

庭とリビングの物理的な距離を近づければ、庭もリビングの延長と考えて広々と暮らすことができます。
ウッドデッキを配置するなどして、外と中の境界的な位置づけの場所を設ければ、さらに使い勝手が増すことでしょう。

自然素材の香りと広大な景色を堪能する家

→施工事例:笠間市の注文住宅/平倭の家

上の写真の事例では、外の景色を中に取り込むべく、庭とリビングの距離を詰める意識が見られます。
庭や遠くの田んぼの景色がまるで切り取った絵のように感じられ、元々広いリビングがさらに広く感じるよう、工夫されています。

庭を近づける工夫を加える場合は、土地選びの段階で外の景色や環境に優れた場所を選択することが大事です。

→関連記事:田舎への移住を考えている人へ

広い脱衣室が可能にする効率的な家事

「広い脱衣室」も、子どもがいる家庭に嬉しい間取りです。

脱衣室が広ければ、お風呂掃除や洗濯に必要な物を全て収納できますし、洗剤などのストックも収納するパントリーライクな利用法も考えられます。
梅雨時期には洗濯物を干して除湿機を稼働させれば、洗濯物が乾かないストレスからも開放されるでしょう。
効率的に家事を遂行でき、家族との時間を多く取れるようにもなります。

子育て世代の平屋住宅

→施工事例:かすみがうら市の注文住宅/平倭の家

事例のように、棚を可動タイプにすることで収納するものの種類や量が変わっても対応できるので、脱衣所を多目的に利用する人は参考にしたいですね。

また、床に無垢材を用いている点もポイントです。
床や壁に無垢材や漆喰を利用すれば、湿気を吸放湿する効果が期待でき、適度な環境に調節してくれます。

→関連記事:家事動線が気になる人向け

3人家族にちょうどいい間取り実例「2階建て」編

次に2階建ての事例から、3人家族に向けた心地よい間取りを紹介します。

広めの玄関とシューズクロークでストレスのない朝に

3人家族を想定したとき、「玄関は広めに収納も十分に設ける」ことが望ましいです。

朝晩の通勤通学、帰宅時間は玄関が混雑しやすく、空間や収納が不足するとストレスに感じてしまいます。
最低限と思う広さにプラスアルファを加えると、快適な玄関になります。

明るく広めの玄関を持つ注文住宅

→施工事例:桜川市の注文住宅/木づきの家

事例では、玄関の幅を十分に取って、さらに奥にはシューズクロークを設けて、移動と収納の双方を満足するよう配慮しています。

また、玄関ドアの左右にガラスの袖壁、シューズクローク側にも窓を設けて玄関が暗くならないように設計。
毎日気持ちよく利用できる、明るい玄関になりました。

雨の日でも利用しやすいデッキスペース

外部空間とつながる方法のひとつは、「縁側やデッキスペース」です。

屋根を設けることで雨が振り込まず、梅雨の長い雨でも子どもが遊べるスペースを確保できます。
夏の暑い日差しを避けてくれる効果もあるので、窓を開けるだけでも涼しい生活ができる点も嬉しいもの。

自然素材×モダンな都会的空間

→施工事例:笠間市の注文住宅/ALBEROVIVACE

事例のお家はリビング前の開口部に大きな屋根を設けて、雨風や太陽光を防いでいます。
これだけの長さのひさしがあれば、多少の雨ではデッキも濡れず、掃除やお手入れが楽になります。洗濯物を安心して干せるのも嬉しいですね。

デッキの床面や天面を板張り仕上げとしているのもおしゃれです。
周囲の田園風景とマッチして、温かみのある雰囲気が演出できています。

3人家族向けの間取りの「コツ」

シックな色の木が美しい注文住宅

→施工事例:石岡市の注文住宅/ALBEROVIVACE

写真と共に3人家族に向けて参考になる事例を紹介しました。

最後に、間取りを考えるうえでのコツをお伝えします。

ちょうどいい広さは何平米?

3人家族が住むのにちょうどいい広さの目安は「100m2・約30坪」です。

国土交通省は、豊かな住生活を実現するための世帯人数ごとに最適な面積を設定しています。
これによると、3人が居住するうえで最適な面積は100m2と定められています。

家族の暮らし方によって心地よい広さは変わるので、ひとつの目安として覚えておきましょう。

国土交通省:住生活基本計画における居住面積水準

赤ちゃんに優しい間取り

一戸建てに3人家族が住む場合、赤ちゃんが含まれる場合も多いでしょう。このとき、気になるのは「赤ちゃんに安全な間取り」です。

ハイハイやつかまり立ちを始めて行動の自由度が増すと、細かな段差や出っ張りが気になります。
怪我をする場合もあるので、鋭角状のものが表にでないよう配慮したいですね。

また、小さなものを飲み込んでしまう恐れもあるので、収納にも十分配慮して、心穏やかに子育てできる部屋を目指しましょう。

老後のことも考えた間取り

赤ちゃんと同時に「老後」も見据えた間取りにしましょう。
3人家族も将来は子どもが巣立ち、2人家族になるので、不用意に建物を大きくすると、老後の部屋余りが発生する恐れがあります。

予算が限られている場合は特に、子どもと一緒に住まうのは一時期と認識して、最低限の広さの子供部屋にするのもひとつの考え方です。

また、広さとともに可変性のある間取りを意識することも大切です。
部屋を細かく区切るより、大きめの部屋を家具で仕切るなどした方が、将来部屋の使い方が変わっても対応できるのでオススメです。

→関連記事:家事動線が気になる人向け

まとめ│事例から「ちょうどいい間取り」を学ぼう

緑と家が調和する注文住宅

→施工事例:石岡市の注文住宅/平倭の家

3人家族向けの間取りについて、事例も交えつつ紹介しました。
今回解説したのは、子供のいる家族に向けた一例で、家族の年齢や志向で適した間取りはガラリと変わります。大切なのはあなたに合った間取りを作ることです

そのためには、どんな間取りが望ましいのかイメージを膨らませることが大切です。
他の事例を参考にしたり、見学会に参加したりして、理想の生活像を作っていきましょう!

→最新の見学会情報はこちら

無垢の木材でつくる理想の平屋

茨城県で平屋を検討している人はぜひエーベンハウスにご相談ください。

エーベンハウスでは無垢の木材でつくる「平倭の家」を提供しています。
3人家族が暮らすのにちょうどいい、平屋のモデルハウスも展示しているので、ぜひ一度見てみてくださいね。

エーベンハウスではどんな家が建てられるかを体感できるモデルハウスを展示しています。

2階建ての「木づきの家」、そして平屋建ての「平倭の家」です。

当社で家を建てるとどんな家が建つのか、ぜひ体験しにモデルハウスまでお越しください。

エーベンハウスの二階建てモデルハウス情報

木づきの家モデルハウス

 

エーベンハウスの平屋モデルハウス情報

平倭(平屋)の家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

お問い合わせ

施工エリアを事前にチェック

茨城県

かすみがうら市・つくば市・土浦市・小美玉市・水戸市・石岡市・笠間市・茨城町・行方市・鉾田市


お問い合わせ内容* (複数選択可) 

お問い合わせ経緯* (1つ選択)  

ご氏名*

郵便番号*

都道府県*

以降の住所*

お電話番号*

メールアドレス*

建築予定地

お問い合わせ内容(ご希望日時・見学希望の現場やイベント名をご記入ください)


監修者情報

エーベンハウス

エーベンハウスエーベンハウス

昨今の住宅業界は多種多様な構造、工法、設備等があふれています。弊社エーベンハウスは本当の本物の住まい造りを信念にお客様にとってなにが本当に良いものかを常に考え、安易に新しい工法、新しい建材を取り入れず、本物の無垢材の品質を高め、地産地消をモットーに国産材を使用し永く安全に快適に暮らせる住まいを提供していきたいと考えています。 つまり、素材からこだわりどの素材が害虫に強いか、湿気に強いか、耐久性があるかなど室内実験などではなく歴史から学びとり、施工、工法も同じく木造軸組の素晴らしい技術を生かし、耐震性に優れた造りにこだわり独自の流通を生かした販売で、お客様に本当にいい買い物をしたと納得の行く商品造りをすることが地域に根ざした企業ではないかと考えています。 どうか皆様には本当の本物の良さを見て触れていただき、未来の子どもたちが健康に育つ安心で安全な住まい(素材)を選んでいただければ幸いです。 当社は決して現状に甘える事なく営業、監督、職人一体となり勉強会を開催し細かな部分までも真剣に仕上げクレームゼロを目標にお客様の信頼に応え安心な住まいを提供していく事が当社エーベンハウスの使命と考えています。

詳しいプロフィールはこちら
Homeへ