新築でおしゃれキッチンを目指すコツ│収納・デザインにもこだわった事例紹介も

フラット天板で高い開放感があるキッチン

「キッチンはデザインにこだわるべき?機能性にこだわるべき?」

キッチンは毎日使い、存在感も大きいため注文住宅で仕様を選ぶ中でも特にこだわりたい箇所です。

デザインにこだわってアイランドキッチンにしたり、ダイニングとつなげる開放的なキッチンにしたり夢が尽きることはありません。

一方で、キッチンのまわりは小物が集まりやすく、雑多な印象を与えてしまうこともあります。

デザインと実用性を両立させるキッチンは実現可能なのでしょうか。

本記事では、キッチンのデザインと実用性を向上させるためのコツを紹介しています。

記事の最後にはおしゃれなキッチンの実例を写真付きで紹介しているので、最後まで見て参考にしてみてください。

☑コラムのポイント
  • キッチンのデザイン性を高めるコツがわかる
  • キッチンの実用性を高めるコツがわかる
  • おしゃれなキッチンの実例を確認できる

 

【デザイン性向上のコツ】レイアウト・素材にこだわる

間取りの中心にキッチンがあるレイアウト

キッチンのデザイン性を向上させるためには、レイアウトと素材を意識することが大事です。

心がけるべきポイントを見てみましょう。

レイアウトにこだわる

キッチンには「I型・Ⅱ型・L型・アイランド型・独立型」など、多彩な種類のレイアウトがあり、それぞれ異なる特徴を持っています。
ひとつずつ確認してみましょう。

I型キッチン

「I型キッチン」は、コンロ・調理台・シンクが一直線に並んだキッチンです。

機能が集約されまとまっているので、狭い範囲で調理動作が完結するのが特徴です。

壁側に向けて配置されるタイプと、リビングやダイニング側に向けて配置する対面タイプがあり、印象がガラッと変わります。

Ⅱ型キッチン

「Ⅱ型キッチン」は、コンロとシンクの作業台が対面に配置されるレイアウトです。

シンクで切った食材を振り返ってコンロに持っていくことができ、最短の動線で調理ができる効率的な形のキッチンです。

コンロ設置用とシンク設置用、2つの作業台が必要になるので作業スペースを広く取ることができます。

L型キッチン

「L型キッチン」は、壁の二面を使いL型に配置されたキッチンで、コンロとシンクが直角に配置されることが多いレイアウトです。

Ⅱ型キッチンと同様に、シンクで切った食材を90度振り向いてコンロに運べるので、調理のときの動線が小さいことがメリットです。

直角部分の収納は手が届きにくく、使いづらいスペースが生まれてしまうのがデメリットです。

アイランド型キッチン

「アイランド型キッチン」は作業台が壁から切り離され、島のように浮いたレイアウトのキッチンです。

作業台の周囲が全て通路となっているので複数人で調理しやすく、開放的な印象を与えられます。

一方で通路部分に面積を割くため、お家の広さを十分に取れないと他のスペースを圧迫してしまいます。

また、キッチンを隠すための壁がないので、内部まで来客に見えてしまいます。
どんな風に収納するのか計画を立てないと雑多な雰囲気を与えることになります。

独立型キッチン

「独立型キッチン」は、キッチンをリビングやダイニングから完全に切り離し、別の部屋にしてしまうレイアウトです。

LDKで一体感を持たせるのが近年のトレンドですが、調理に集中できる・匂いがリビングに移らない・来客にキッチンを見られないといったメリットがあり、特に料理にこだわる人に人気です。

素材にこだわる

キッチンの印象を決定づける要素に「素材」があります。

具体的には、キッチンの壁・床の素材、天板の素材です。
リビングやダイニングと同じ素材で仕上げる場合が多いですが、一部を異なる素材にするだけでも雰囲気が変わり、高級感を出すことができます。

床・壁の素材にこだわる

一般的にはキッチンの床はリビング・ダイニングと同じ素材で仕上げますが、「異なる素材」を検討してみましょう。

例えば、フローリングをタイルに変更すると雰囲気が一変しますし、タイルは油はねにも強いため実用面でもメリットがあります。

壁も通常はクロス張りが採用されますが、タイルや石材を用いることで高級感あるキッチンを演出できます。

天板の素材にこだわる

「キッチン天板の素材」にもこだわると印象が変わります。

人造大理石・ステンレス・セラミック、近年は素材の幅が広がり、イメージするキッチンに合わせて選択可能です。

さらに、ステンレスの天板の中でも、エンボス加工・バイブレーション加工・鏡面加工・ヘアライン加工など、複数の仕上げがあるので、こだわって選択すると理想のキッチンに近づくことができます。

【実用性向上のコツ】収納や使い勝手にこだわる

十分な収納を確保したキッチン

実用性を向上させるためには、収納や使い勝手を意識しながらキッチンの計画を立てる必要があります。

キッチンは食材や道具がたくさんあり、機能性を考えなければ使いづらいキッチンになってしまいます。

毎日の使用感を高めるため、使い勝手にこだわったキッチンを作りましょう。

収納にこだわる

デザインにこだわったキッチンを作っても、物であふれていては台無しです。

カップボードや天袋収納、ダイニング側にキッチンカウンターを設け下部を収納にするなど、まずは「収納量を増やす」ことを検討しましょう。

収納計画で注意すべき点はキッチンには多用なサイズのモノがあることです。

香辛料などの小物から、ブレンダーやホットプレートなどの大物まで、多種多用な奥行き・高さを持つモノであふれるので、様々なサイズの収納を確保しましょう。

使い勝手にこだわる

キッチンは「高さや奥行き、コンセントの位置など細かい部分を意識する」ことで使い勝手が向上します。

メーカーや製品によりますが、システムキッチンであればキッチン天板の高さやレンジフードの高さを5ミリメートルほどの単位で調整可能です。
5ミリの差でも違和感を覚えることもあるので、慎重に検討するようにしましょう。

電化製品を使うことを意識して「コンセントの位置」も考えておきましょう。

キッチン調理台の上にコンセントが必要でないか、カップボード側のコンセントの数は足りているか、確認しておきましょう。

十分な量を確保できていれば、延長コードを使って雑多な箇所を作ることもありませんし、タコ足配線となるリスクも回避できます。

【実用性とデザインを両立】おしゃれなキッチンの実例紹介

キッチンを設計するコツを解説したところで、ここからは「おしゃれなキッチンの実例」を紹介します。

実例を写真で見ながら確認すると、あなたの目指す理想のキッチン像が作りやすくなるので、ぜひ見てみてください。

たっぷり収納で上手に「隠す・出す」を両立したキッチン

たっぷり収納で上手に「隠す・出す」を両立したキッチン

「I型キッチン+カップボード」で十分な収納能力を確保したキッチンです。

収納もシンク側の大物収納、カップボード側の中~小物用の収納と複数サイズの物が入れられるよう配慮されています。

キッチンに立ち上がり壁を設けておらず、リビングやダイニングから見渡せるようになっていますが、雑多な印象は受けず清潔感があふれます。

収納計画の重要性が分かるキッチンの実例といえるでしょう。

高い吹き抜けと外の緑をどこからでも眺められるキッチン

高い吹き抜けと外の緑をどこからでも眺められるキッチン

「キッチンからの眺め・開放感が素晴らしいキッチン」です。

シンクに立ったとき、勾配天井を支える優しい色の梁が見え、さらに遠くの緑を見渡すことができ、家事の合間にリフレッシュを図ることができそうです。

キッチンの計画を立てるとき、使用中の景色を意識してみると満足度が向上する好例です。

リビング・ダイニング・階段「コミュニケーション」を重視したキッチン

リビング・ダイニング・階段「コミュニケーション」を重視したキッチン

「家族間のコミュニケーションを重視したキッチン」です。

ダイニング・リビングとの距離感が近くテレビも見えるので、キッチンを使用している最中でも団らんの輪の中に入ることができます。

リビングに設置された階段と距離が近いのもポイントで、家事をしている最中に子供が帰ってきても必ず顔を合わせることができ、様子を知ることができます。

キッチンはデザインも機能性も確保しよう

機能的でおしゃれなキッチンを目指すコツを紹介しました。

ひとつひとつ、高さ・素材・色などを丁寧に検討すれば、デザインも機能性もいいとこ取りした満足度の高いキッチンは実現可能です。

まずは色んなキッチンの事例を見るため、見学会やモデルハウスに出かけてみることをおすすめします。

 

茨城県で注文住宅を検討している人は『エーベンハウス』にご相談ください。

エーベンハウスでは無垢の木材でつくる「平倭の家」を提供しています。

勾配天井が開放感を与えるリビングダイニングを見渡せるキッチンを、ぜひご覧ください。

エーベンハウスでどんな家が建てられるかを体感できるモデルハウスを展示しています。

2階建ての「木づきの家」、そして平屋建ての「平倭の家」です。

当社で家を建てるとどんな家が建つのか、ぜひ体験しにモデルハウスまでお越しください。

エーベンハウスの二階建てモデルハウス情報

木づきの家モデルハウス

 

エーベンハウスの平屋モデルハウス情報

平倭(平屋)の家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

こちらの記事も読まれています。

・令和の家事動線間取りアイデア集|30坪家事ラクハウス実例

・子育てしやすいママに人気の間取りづくり♪

お問い合わせ

施工エリアを事前にチェック

茨城県

かすみがうら市・つくば市・土浦市・小美玉市・水戸市・石岡市・笠間市・茨城町・行方市・鉾田市


お問い合わせ内容* (複数選択可) 

お問い合わせ経緯* (1つ選択)  

ご氏名*

郵便番号*

都道府県*

以降の住所*

お電話番号*

メールアドレス*

建築予定地

お問い合わせ内容(ご希望日時・見学希望の現場やイベント名をご記入ください)


監修者情報

エーベンハウス

エーベンハウスエーベンハウス

昨今の住宅業界は多種多様な構造、工法、設備等があふれています。弊社エーベンハウスは本当の本物の住まい造りを信念にお客様にとってなにが本当に良いものかを常に考え、安易に新しい工法、新しい建材を取り入れず、本物の無垢材の品質を高め、地産地消をモットーに国産材を使用し永く安全に快適に暮らせる住まいを提供していきたいと考えています。 つまり、素材からこだわりどの素材が害虫に強いか、湿気に強いか、耐久性があるかなど室内実験などではなく歴史から学びとり、施工、工法も同じく木造軸組の素晴らしい技術を生かし、耐震性に優れた造りにこだわり独自の流通を生かした販売で、お客様に本当にいい買い物をしたと納得の行く商品造りをすることが地域に根ざした企業ではないかと考えています。 どうか皆様には本当の本物の良さを見て触れていただき、未来の子どもたちが健康に育つ安心で安全な住まい(素材)を選んでいただければ幸いです。 当社は決して現状に甘える事なく営業、監督、職人一体となり勉強会を開催し細かな部分までも真剣に仕上げクレームゼロを目標にお客様の信頼に応え安心な住まいを提供していく事が当社エーベンハウスの使命と考えています。

詳しいプロフィールはこちら
Homeへ