平屋+勾配天井のメリットとデメリットを解説│弱点の解決法も紹介

リビングのおしゃれな勾配天井

家を建てるなら「平屋」で「おしゃれな勾配天井」を実現したいけど、デメリットもあると聞いていて迷っている…。

新築を計画している人の中には、こういった悩みを抱えている人もいるでしょう。
平屋で勾配天井を設けると、とてもおしゃれな空間が完成する一方でデメリットがあることも事実です。

しかし、デメリットは認識したうえで対策を取れば問題とならず、「平屋+勾配天井」には弱点を上回る魅力があります。

改めて、平屋に勾配天井を設置した場合のメリットとデメリット、さらにデメリットへの対策も紹介するので、最後まで見ておしゃれな家を実現してくださいね。

☑コラムのポイント
  • 「平屋+勾配天井」のメリットが分かる
  • 「平屋+勾配天井」のデメリットが分かる
  • 「平屋+勾配天井」の弱点を克服する方法が分かる

 

平屋+勾配天井の「メリット」

高級感を出す濃い色の勾配天井

平屋に勾配天井を用いると、2つの魅力を手に入れることができます。

1つは高い天井で得られる開放感。天井が斜めになっていることでおしゃれさがアップ、勾配天井ならではの独特な魅力を得られます。
2つめは平屋ならではの外部とのつながり。床とお庭の距離が近いので、外部の緑を取り込むことで部屋の広さ以上に空間が広く感じられます。

おしゃれな、平屋+勾配天井のメリットをさらに詳しく確認してみましょう。

変化のある高い天井で得られる「開放感」

勾配天井の一番のメリットは、高く変化に富んだ天井から得られる「開放感」です。
視線が横方向に加えて縦方向にも伸びるため、部屋が広く感じられます

一般的な吹き抜けと異なり勾配天井は一部が低くなっています。
このため天井が低い部分では落ち着きを、天井が高い箇所では開放感を得られるので、低い天井・高い天井双方のメリットを受けられるでしょう。

有効に活用できる「小屋裏空間」

勾配天井の一部をロフト・小屋裏収納などの「小屋裏」にすることで空間を有効活用できます。

平屋は基礎や屋根が総2階建てと比べて、多く必要となり建築費用も高くなりがちです。
予算に上限がある場合は、収納部分を削るなどして費用を抑えることが多いです。

勾配天井の一部を上手に使えばコストをかけずに収納を確保できる可能性があります。

また、収納に限らず書斎や子供の遊び場所としても利用できるので検討してみましょう。

明るく風が通る「高窓」

勾配天井で高くなった壁の一部に「高窓」を設けることで、明るさと通風を確保できます。

高い位置に窓があると、部屋の奥の方まで光が届き家全体が明るく清潔に見えます
また、住宅密集地でも人目を気にせず採光できるので街中で建設する場合にもおすすめです。
窓の位置や大きさによっては月や星が見えるロマンチックな窓になる場合も。

高窓は通風の面でもメリットがあります。
暖かい空気は軽く、上に昇るので、勾配天井にして高窓を設けると効率的に熱気を排出することができ、涼しい住環境が得られます

重厚な梁の織りなす「デザイン」

勾配天井にすると「梁・桁」や「火打ち・束」といった構造用の木材が姿を現します
構造用の木材は太く厚みがあり重厚な雰囲気を漂わせ、まさに「木造住宅」らしさを演出します。

壁紙や天井が白の場合、木目が目立ち空間全体が暖かみのあるものになるでしょう。
無垢の木材が露出することで「木特有の香り」が部屋を満たし、リラックスできる効果も期待できます。

平屋+勾配天井の「デメリット」

勾配天井を仕上げている途中

メリットを紹介してきましたが、一方で平屋+勾配天井にはデメリットも存在します。

どんな弱点があるのか確認してみましょう。

コストアップの要因になる

勾配天井を用いる場合、一般的に費用は増加することが多いです。

天井を斜めに高くすることで壁の面積が増え、壁紙や下地材料が増加します。
施工のときには足場を設置する必要もあるため、職人さんの手間も増えるでしょう。

将来的にも高窓の清掃、照明の交換に足場が必要になるためメンテナンスコストも上昇します。
ただし、現在主流のLED電球は寿命が長く10~20年は取替えが不要なため、メンテンス上のデメリットが減っているといえます。

空調が効きにくくなる

天井の高さを上げると単純に部屋の容積が多くなり、エアコンなど空調機器が効き辛くなります
また、夏は高窓から暖かい空気を排出すればよいのですが、冬は暖かい空気が下りてこず寒さを感じることがあるでしょう。

とはいえ、現在の住宅の断熱性能を考えると、勾配天井を設けてもエアコンなどの空調で十分冷暖房は行き届くでしょう。

照明計画に失敗すると暗くなる

天井が高くなると照明と床との距離が長くなり、通常の明るさの照明では暗さを感じることがあります

また、天井面を照らす照明をつけなければ天井面が暗く重たく感じられることもあります。

平屋+勾配天井の弱点克服

勾配天井で開放感ある玄関

勾配天井で語られることの多いデメリットについて紹介しました。

ここからはデメリットを感じさせないための工夫について解説します。

勾配天井の採用を一部に限定する

主にコスト面での対策ですが、勾配天井の採用を一部分に限定することで仕上げの面積を減らすことができ建築価格を下げることができます。

また、照明の交換のとき利用できるよう、キャットウォークなどお手入れ用の通路を確保しておくとメンテナンスが楽、専門業者の費用も抑えることができるでしょう。

シーリングファンを導入する

天井に設置して空気をかき混ぜるシーリングファンを導入すれば、部屋の上部に溜まった暖かい空気を撹拌してくれます。

冬に暖かい空気を下ろしてくれる効果も期待できますし、夏に暖かい空気を押し上げて高窓から効率的に排気することもできます。

適切な照明計画を立てる

部屋の大きさや天井の高さに合わせた照明計画を立てれば、暗いリビングができる心配もありません。

天井面の暗さについても、天井をライトアップする照明を取り付ければ解決できます。
さらに、天井を照らす間接照明を設置すれば、リビング全体が優しい光で包まれてリラックスできる空間が完成するでしょう。

勾配天井にしたい理由を明確にしよう

明るく開放感を感じる勾配天井

あなたはどうして平屋で勾配天井を採用したいのか、考えたことがありますか?

最初に述べたように、平屋+勾配天井は高い天井と外とのつながりを同時に得ることができ、とてもおしゃれで開放的な空間を演出できる間取りです。

一方で対策できるとはいえ、お金や温熱環境の面でデメリットがあることも確かで、勾配天井でなく「平屋+平天井」の方が過ごしやすい家が完成するかもしれません。

平屋と勾配天井の組み合わせに何を求めるのかを明確にすることで、より満足のいく家の完成が待っているでしょう。

無垢の木材でつくる平屋

茨城県で平屋を検討している人はぜひ『エーベンハウス』にご相談ください。

エーベンハウスでは無垢の木材でつくる「平倭の家」を提供しています。
平屋は茨城県の誇る自然と家屋が一体感を持つ、外部に開放的な建物です。

勾配天井を採用することで外部とのつながりに加えて室内の大空間を演出でき、開放的な空間をつくることが可能です。

どんな家を造りたいのか、その想いをエーベンハウスへご相談ください。

エーベンハウスでどんな家が建てられるかを体感できるモデルハウスを展示しています。

2階建ての「木づきの家」、そして平屋建ての「平倭の家」です。

残念ながら平天井で勾配天井のよさは体感できませんが、当社で家を建てるとどんな家が建つのか、ぜひ体験しにモデルハウスまでお越しください。

エーベンハウスの二階建てモデルハウス情報

木づきの家モデルハウス

 

エーベンハウスの平屋モデルハウス情報

平倭(平屋)の家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

こちらの記事も読まれています。

 

・平屋で夫婦2人のセカンドライフを楽しむ

・霞ケ浦湖畔に小さな平屋を建てる

・セカンドハウスは平屋に住む~茨城の自然の中で平屋ライフ

・和モダンな平屋の建築実例~茨城の自然と街並みに溶け込む住まい


 

監修者情報

エーベンハウス

エーベンハウスエーベンハウス

昨今の住宅業界は多種多様な構造、工法、設備等があふれています。弊社エーベンハウスは本当の本物の住まい造りを信念にお客様にとってなにが本当に良いものかを常に考え、安易に新しい工法、新しい建材を取り入れず、本物の無垢材の品質を高め、地産地消をモットーに国産材を使用し永く安全に快適に暮らせる住まいを提供していきたいと考えています。 つまり、素材からこだわりどの素材が害虫に強いか、湿気に強いか、耐久性があるかなど室内実験などではなく歴史から学びとり、施工、工法も同じく木造軸組の素晴らしい技術を生かし、耐震性に優れた造りにこだわり独自の流通を生かした販売で、お客様に本当にいい買い物をしたと納得の行く商品造りをすることが地域に根ざした企業ではないかと考えています。 どうか皆様には本当の本物の良さを見て触れていただき、未来の子どもたちが健康に育つ安心で安全な住まい(素材)を選んでいただければ幸いです。 当社は決して現状に甘える事なく営業、監督、職人一体となり勉強会を開催し細かな部分までも真剣に仕上げクレームゼロを目標にお客様の信頼に応え安心な住まいを提供していく事が当社エーベンハウスの使命と考えています。

詳しいプロフィールはこちら
Homeへ