茨城で木の家を建てるなら地域の工務店がおすすめな2つの理由

木の家の建築実例:玄関の建具もすべて無垢材

茨城で木の家を建てるとき、ハウスメーカー・工務店選びが重要です。木の家は、無垢の木の肌触り、自然素材の温もり、落ち着きのある空間づくりなど、木の家ならではの心地よさがあります。全国規模のハウスメーカーも木の家を建てていますが、本物へのこだわりのある地域の工務店で建てるのがおすすめです。そこで今回は、木の家を建てるにあたって、地域の工務店で建てるべき理由と、おしゃれに仕上げをするためのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

木の家の魅力

木の家の建築実例:重厚感のある梁が見事

あるお客様から、次のようなお話を伺いました。

「安心の基礎と構造に惚れ込みました。

国産の無垢材を使い、柱の数も多く、がっしりとした骨組みです。

壁で隠してしまうのがもったいないくらい。」

<参考>エーベンハウスで家を建てたお客様の声

 

本物の木の家の魅力は、実は壁の中にあります。

梁、柱、土台など、家を支える頑強な「構造材」の機能美です。

その美しさは、家が完成に向かうにつれ、外壁や内装の裏に隠れて見えなくなってしまうのです。

 

 

一般的な木造住宅の構造材

一般的な木造住宅は、海外の輸入材を使うことでコストダウンを図っています。

一方、国産の高品質な無垢材を使った木の家は、日本の気候風土に適した、日本人の暮らしに寄り添う、本物の木の家と言えます。

合板やベニヤのように接着剤を使わず、天然木から切り出した木材のことを無垢材と言います。接着剤や薬剤を使わない無垢材は、本物の自然素材です。

 

国産材を使った本物の木の家

日本で建てる住宅の柱や梁などの構造材は、国産ヒノキ、スギなどが適しています。また、ヒノキやスギなどの木の種類だけでなく、切り出した部位を選んで適材適所に使用することで、耐久性をより高めることができます。

さらには、無垢材を、床、壁、天井などの内装にも採用すれば、調湿効果、リラックス効果も期待できます。建具や家具に用いれば、手触りの良さ、上質な空間づくりが実感できるでしょう。

木の家の魅力は、安全で安心な住まいであること。そして健康的で心地よい快適な暮らしができることだと言えるでしょう。

 

木の家を建てるなら地域の工務店を選ぶべき理由

茨城で家を建てよう!と思ったら、どのハウスメーカーや工務店で建てるか検討することになるでしょう。それぞれに特徴がありますが、木の家を建てるのなら、地域の工務店で建てるべきだと言えます。その理由は次の2点です。

 

 

地域の気候風土に適した地元産の素材を選ぶことができる

無垢の木は人肌に近い素材です。人間の暮らしと相性のよい建材です

世界中の伝統建築は、その国と地域に適した家を建てるために地元産の素材が多用されます。地域の気候にあった建築にする、資材の流通コストも抑えられる、地元の素材を知りつくす職人さんがいる、といった様々な資源がそろいやすいため、その地域に最適な住宅がつくりやすいのです。

地元の無垢の木を選ぶことが、その地域の気候風土や人々の生活に適した家づくりがしやすいのは、こうした理由からです。

地域の工務店なら、土地の敷地だけでなく、周辺の地形や環境の影響、地盤の特徴も考慮して素材を選ぶこともできます。湿気のある場所には水に強い木の赤身などの部位を使う。西日があたる角度には色味が変わりにくい濃い色の木を使う、といった細かな調整も可能です。

家を建てる土地の特徴を見極めることが、世代を超えて快適に暮らせる木の家づくりにつながります。敷地環境の調査結果に土地勘や、季節変化を踏まえてその土地に応じた最適なプランも提案できます。

土地を探しをする際にも、その地域を熟知した工務店に相談しながら探すほうが安心できるでしょう。

 

素性を見極め、素材を活かす確かな建築技術が求められる

木の家は、ハウスメーカーの組み立て型のような家づくりはできません。高品質な素材の調達、1点ものの無垢材の素性の見極め、素材の長所や個性を生かす資材の調達から施工に至るまでの一貫したこだわりとそれを実現する施工技術が必要です。

木の家を建てるには、地元の木の扱い、確かな素材を調達できる仕組みがあること。素材を吟味し、丁寧に施工する工務店を選ぶことがポイントです。

 

高品質な無垢材の調達

無垢の木は自然素材です。寒暖差や湿度変化で、膨張・収縮、曲がり・ねじれなどの変化が生じます。木の種類、節の位置などの部位によっても変化の程度が異なります。そのような変化に対して、できるだけ素材を乾燥させることで素材の品質を安定させ、さらに強度を高めた無垢材を調達できることも、素材や家づくりのこだわりです。

 

確かな職人さんの腕

ハウスメーカーで扱う工業製品のように工場でプレカットで加工された木材は、一定の精度で加工されているため若手の大工さんでも扱いやすくなっています。

全国規模で展開するハウスメーカーは同時着工件数も多く、職人さんもそれだけ多く確保しなければなりません。木の家を建てるためのための施工は職人さんの手仕事です。経験や腕の差が出るのはやむを得ません。

経験が浅くても組み立てられる家なら最低限の品質は確保できるかもしれませんが、本物の木の家を建てるには技術力が必要です。こうした腕の差で住宅の品質に影響が出てしまう可能性があるのです。

地域の工務店は、地元産の無垢材の扱いに長けた大工さんなど職人さんと家づくりをしています。

エーベンハウスの木の家づくり

当社の家づくりは、森をつくり、木を伐り出し、製材、加工、家を建て、端材も活かして、自然に還すまでの、循環型の地産地消の仕組みで成り立っています。

地元の森林組合との45年にわたる信頼関係に裏付けられた、高品質の無垢材を安定的にリーズナブルに調達できる流通システムを構築しています。

素材を吟味し、精魂込めて家づくりをする職人さんたちと家づくりをしています。茨城で、特に石岡、お木の家を建てるなら、安心してお任せください。

エーベンハウスの木の家づくりのページはこちら
エーベンハウスの木の家、平屋の家の建築実例をみる

木の家を上質に仕上げる4つのポイント

木の家は、私たちの暮らしに潤いを与えてくれます。安心・安全で快適に暮らせる家づくりができます。しかし、無垢の木を使えば必ず良い家ができるかというと、必ずしもそうではありません。仕上げの仕方によっても、居住の快適さが違ってくるのです。

納得のいく素材選びと仕上げへのこだわり

木の家で上質な空間づくりをするには、無垢材と仕上げへのこだわりが大切となります。

素材を活かす仕上げのカンナがけ、やすりのかけ方、仕上げ材の加減など、木の扱いに長けた職人さんの技やこだわりで、色つや、手触り、空間の印象が大きく変わります。部位の向きを変えて木目の出方をちょっと工夫するだけでも空間の印象が大きく変わります。

チラシ、カタログ、ホームページだけだと、無垢材の木の種類による質感の違い、手触り、香り、空間の心地よさは、どうしてもわかりにくいものです。素材のサンプルを取り寄せたり、モデルハウス、オープンハウスなどで、直接触れて体感するのがいちばんです。

エーベンハウスの木の家、平屋の家のモデルハウスをみてみる

木の家の見えない魅力「構造体」を見せる

柱や梁といった住宅の構造材をあえて壁の裏に隠さず見せることを「現し」と言います。木の家の存在感は構造材に宿ります。構造材を日々の暮らしの中で目にすることができると、「この家が家族を守ってくれている」という実感が得られます。家が持つ存在感や風格を感じさせてくれます。吹き抜けの階段やリビングやなどで迫力のある梁を現しにする意匠は、木の家の力強さとやさしさを感じることができるでしょう。

 

内装材や設備と調和を図る

無垢の木を使った家というと、無垢のフローリング、壁や天井などの内装をイメージするかもしれません。さらには、キッチンなどの設備もナチュラルにな雰囲気こだわりたいですよね。スチールを多用するキッチンに木のナチュラルなテイストを取り入れると、やさしい雰囲気の空間になります。

 

建具や家具などでなじませる

暮らしの中で直接肌に触れるテーブル、椅子などの家具や家電製品も木の家に馴染みやすいものを選択するとよいでしょう。

木の家にあわせて造作した木のテーブルや椅子。スチール製のものを組み合わせるとモダンでシャープな印象になります。

カーテンや家電製品なども、シャープな印象にもナチュラルなテイストにも、空間になじむデザインが増えてきましたので様々なメーカーのものを検討してみるとよいでしょう。

 

地域の工務店のモデルハウスなら本物の木の家を体感できる

無垢の木の質感、木の家の空間の快適さはカタログだけではわかりません。実際に自然素材に触れ、空間を体験してみてください。一般的なハウスメーカーの住宅展示場では、集成材や合板、表面にウレタン加工などが施されているものが多く、本物の無垢の木の触感を確かめるのは難しいでしょう。肌触り、上質な空間、木の香りまで、五感で確かめ、本物の木の魅力に触れてみてください。「ちょっと興味がある」といったご相談でも構いません。お気軽にお声かけくださいね!

茨城で木の家を建てるならエーベンハウスにご相談ください

エーベンハウスとは、ドイツ語で「平らな家」。無垢の木の素材や基礎からこだわった地震が来ても傾かない「骨太で平らな本物の家」を選んでいただきたいという想いから名付けました。

私たちは、木をふんだんに使った健康な家づくりをしています。前身は林業として始めた入江木材です。茨城の森を創ってきた木を知り尽くす私たちだからこそ、木材の快適性や安全性など優れた性能を最大限に生かした家づくりをしています。

高品質・適正価格の上質な木材を見極め、中間マージンを大幅にカットして、ワンランク上の素材をリーズナブルにご提供します。長く安心して住める家づくりをモットーに安全で健康的な建材のみを使用します。

施工エリアは、石岡市、小美玉市、かすみがうら市、鉾田市、行方市が中心です。その他のエリアの方もご相談ください。

確かな品質と保証、地域に根差した住まいづくりで、いつまでも住まいに関する相談ができるハウスドクターのように住まいの問題を解決していきます。

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

木づきモデルハウス

平倭(平屋)の家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

平倭の家

Homeへ