二世帯住宅の間取りは完全分離?共有?同居?

二世帯住宅の間取りは完全分離?共有?同居?

二世帯住宅の間取りには完全分離と部分共有、完全同居というスタイルがあります。その中で最もストレスが少ないと言われる二世帯住宅が、完全分離にする間取りです。ただ、完全分離には他のスタイルよりも広い敷地が必要になることや、子育てを共有し難いなどの問題点もあります。また、左右、上下など分離の仕方によっても、暮らしやすさが変わってきます。

二世帯住宅は後悔する、デメリットが多いという意見も聞かれますが、三世代が共に暮らす二世帯住宅にはたくさんの良さがあります。ただ、その良さを活かすためには、二世帯それぞれの家族構成や暮らし方、価値観などに合ったタイプの二世帯住宅にする必要があります。

完全同居や共有部分の多い二世帯には、子育ての手伝いをしたり、親世帯が高齢になり伴侶を失った時の寂しさが紛らわされたりといった良さがあります。ただ、現代は少人数での暮らしに慣れている人が多いことや、世代間の価値観の違いの移り変わりを考えると、ストレスの多い暮らしになってしまう恐れもあります。

一方、完全分離の二世帯住宅は、2軒の家のように気兼ねなく暮らせる良さがあります。ただ、3つのスタイルの中で最も家づくりの費用が嵩むこと、子育ての共有のし難さや老後の寂しさなどについても考えておく必要があります。

完全分離の二世帯住宅の種類

平屋のリビング

S様邸|平倭の家

完全分離型の二世帯住宅には左右に分けるタイプと上下に分けるタイプがあります。それぞれの特徴を見て行きましょう。

左右分離型二世帯住宅

平屋や二階建ての家を左右に分けるスタイルです。2棟の家でそれぞれの世帯が暮らす為、二世帯住宅で聞かれるようなストレスが生まれにくい良さがあります。

内装、間取りの自由度が高い

外観のデザインは左右の調和の為、お互いに歩み寄る必要がありますが、内装のデザインや間取りは、それぞれの世帯の好みや暮らし方に合わせて計画を進められます。

自由な時間帯で暮らせる

親世帯と子世帯では起床や就寝、食事などの日常生活での時間帯が合わない場合があります。時間帯が合わないと、早く就寝する世帯の睡眠を、遅く帰宅する世帯が妨げてしまうことがあります。遅くまで仕事をしている人にとっては、早起きの世帯に合わせて起床しなくてはならないなど、辛いこともあるでしょう。

また、帰宅が遅い人がいるといつまでもダイニングやキッチンが片付かない、遅く帰宅した人は、音を立てないように入浴したり食事をしたりしなくてはならないという状況になってしまいます。一家族だけでもこのようなストレスは生まれますが、二世帯となるともっと問題が大きくなってしまいます。

家計を明確に分けられる

光熱費や食費など、同居や部分共有の二世帯住宅では境界線が曖昧になってしまい、不満が募ってしまうことがあります。完全分離の二世帯住宅には共有する部分がないので、家計を明確に分けられます。

玄関と郵便物の管理がしやすい

玄関だけ共有する部分同居で意外なストレスが、玄関内の整理整頓と郵便物の管理です。3世帯同居が共有するとなると、土間にいつも複数の靴が出ている状態で片付きにくくなってしまいます。

また、忙しい世帯がポストの管理をしないので郵便物が溜まり、管理が大変と感じる世帯がある一方、もう片方の世帯は自分達家族宛の郵便物を見られたくないと感じるケースがあります。完全分離の二世帯住宅では玄関が別なので、ポストもそれぞれが管理できます。

資産価値が高い

左右に分離する住宅を売却することになった時、上下に分割する二世帯住宅より買い手が見つかりやすい、片方の世帯だけを賃貸できるなどの強みがあります。上下に分割する二世帯住宅の場合、上階を賃貸にすると、生活音が気になる恐れがありますが、左右分離ならその心配がありません。

上下分離型二世帯住宅

無垢材の梁とフローリングが美しいリビング

O様邸|木づきの家

左右分離型と同じ良さは持っていますが、縦に並べることによって生まれるいくつかの問題点があります。

玄関の位置

玄関を1階に2つ設けると、1階の世帯の床面積が少なくなってしまいます。外階段を設けると天候の悪い日には滑りやすくなるなどの使い難さがあります。

住み分け

1階に親世帯、2階に子世帯にすると、子世帯の子どもが幼いうちは2階の足音が1階に響く、子世帯の働き手の帰宅が遅いと夕食や入浴で排水音に気を遣うなどの問題が発生します。

2階に親世帯、1階を子世帯にすると、生活音の問題は少なくなりますが、親世帯が高齢になった時に2階が使えないスペースになってしまう恐れがあります。2階を親世帯にする場合には、将来は上下を交換する、エレベーターを設置できるようにしておくなどに対する備えをしておく必要があります。特に外階段で親世帯は2階という場合には、ホームエレベーターが役立ちます。

左右分離より資産価値が低下する恐れがある

売却や賃貸に際して、左右分離ほど有利な条件で進められないことがあります。

完全分離の二世帯住宅に必要な建築費と敷地面積

完全分離の二世帯住宅 外観

I様邸|木づきの家

完全分離の二世帯住宅は、ほぼ2軒の戸建て住宅を建築するのと同じくらいの建築費がかかります。また、敷地面積もほぼ2倍必要です。注文住宅の全国平均の床面積は123.8㎡、首都圏では123.8㎡です。

そして、一般的な戸建て住宅の平均的な床面積は県によって異なりますが、茨城県は首都圏の中では最も広く、茨城県108.55㎡です。この結果を見ると、茨城県は首都圏内では、最も広い土地に家を建てている人が多いということになります。

この床面積を持つ家を建てる為には、建ぺい率にもよりますが、もし建ぺい率50パーセントの平屋なら217,1㎡、2階建て住宅なら108.55㎡必要です。そして完全分離の2世帯住宅ではおよそ2倍の広さの敷地が必要です。

参考資料 住宅金融支援機構 2021年度 フラット35利用者調査 2022年8月2日国際・調査部調査グループ

参考サイト 国土交通省 令和3年度 住宅経済関連データ 住宅の規模  (2)一住宅当たり延べ床面積の都道府県比較

 

完全同居や部分共有の二世帯住宅の特徴

完全同居の二世帯住宅のリビング

自然に佇む二世帯住宅 シリーズ/ALBEROVIVACE

完全同居の二世帯住宅は、1軒の家で三世代二世帯が一つの家族のように暮らす二世帯住宅です。ストレスが多いと言われますが、最も二世帯住宅の良さを活かせる住宅でもあります。

子どもを複数の大人が見守れる

子育て中は子どもの世話に追われる上に、子どもを育てていく上での悩みや疑問も数多くあります。そんな時に、親世帯という経験者のアドバイスを聞けることはとても心強いことです。子どもが保育園や幼稚園に行く時期までは、24時間見守らなくてはなりません。その時期に大人の目が多いほど、子どもの安全は守りやすくなります。また、子世帯が共働きをしている場合には、緊急のお迎えなどを手伝ってもらえます。

親世帯が伴侶を失った時の寂しさが紛れる

完全分離で、隣り合うマンションの住民のような暮らしをする間取りにした場合、敢えてチャンスを作らないと、コミュニケーションが持てません。遠くに住んでいるならともかく、こんなに近くにいるのに合うこともない…という状況になると、寂しさを感じることもあります。完全同居ではそのようなことがなく、大人数での賑やかな暮らしができます。

補助金が加算される

地域型住宅グリーン化事業は、優れた性能を持つ木造住宅に対して支援する補助金制度です。三世代同居対応住宅に対しては、加算される補助金があります。同居、又は共有部分の多い二世帯住宅は、交付されますが、完全分離や玄関だけ共有という二世帯住宅には、交付されないことがあります。

平成27年度から始まった地域型住宅グリーン化事業とは、地域における木造住宅の関連事業者が「グループ」をつくり、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・木造建築物の整備及び木造住宅の省エネ改修を促進し、これと併せて行う三世代同居への対応等に対して支援する事業で、その対象となる住宅を地域の工務店で建築した際に補助金の支給を受けることが出来る事業です。

参考サイト 地域型住宅グリーン化事業とは?

親世帯が高齢になった時にも2階が無駄にならない

完全分離の二世帯住宅の住み分けに関しては左右分離にも上下分離にも、親世帯が高齢になった時に、2階部分が使えなくなる恐れがあるという問題点があります。完全同居の二世帯住宅であれば、手軽なリフォームで間取りを変更でき、親世帯が高齢になっても、2階が無駄になることがありません。

自然に佇む二世帯住宅 シリーズ/ALBEROVIVACE

ゆったりとした敷地に建つ完全同居の二世帯住宅です。分離させていないので、どの空間も広々としています。

スケルトンタイプのリビング階段のある家の間取り図1階

スケルトンタイプのリビング階段のある家の間取り図2階

部分共有の二世帯住宅は、玄関だけなど共有部分が少ないほど完全分離に近い暮らし、水回りなど共有部分を増やすほど、完全同居に近い暮らしになります。土地の面積もそれに伴って共有部分が少なければ広い土地が必要になりますが、共有部分が多ければ一般的な戸建て住宅の面積とさほど変わらない面積の土地でも建てられます。建築費もその分抑えられます。

どのスタイルの二世帯住宅にすることが最も良いのかということは、家族構成、二世帯それぞれの暮らし方、価値観、予算によって変わります。どちらの世帯が家づくりの費用を負担するのかということによっても違ってくるでしょう。

そして、考え方や性格は100人いれば100人分異なります。二世帯住宅を成功させるためには、始めからどのスタイルにすると決めつけず、暮らし始めてからの日常を十分にシミュレーションして間取りを考えることが大切です。

 

無垢材で創る理想の平屋 平倭の家

エーベンハウスは日本の木、茨城で育った木で家づくりをする工務店です。無垢材には、快適で安全な家を支える建材としての特性を備えています。

木造住宅は寿命が短いと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは家の建て方によって大きく変わります。エーベンハウスは子や孫の代まで安心して暮らせることをコンセプトに無垢材の家を建てています。

ぜひモデルハウスにおいでください。無垢の木でつくるの家の魅力を実感していただけます。

 

お問い合わせ

施工エリアを事前にチェック

茨城県

かすみがうら市・つくば市・土浦市・小美玉市・水戸市・石岡市・笠間市・茨城町・行方市・鉾田市


お問い合わせ内容* (複数選択可) 

お問い合わせ経緯* (1つ選択)  

ご氏名*

郵便番号*

都道府県*

以降の住所*

お電話番号*

メールアドレス*

建築予定地

お問い合わせ内容(ご希望日時・見学希望の現場やイベント名をご記入ください)


監修者情報

エーベンハウス

エーベンハウスエーベンハウス

昨今の住宅業界は多種多様な構造、工法、設備等があふれています。弊社エーベンハウスは本当の本物の住まい造りを信念にお客様にとってなにが本当に良いものかを常に考え、安易に新しい工法、新しい建材を取り入れず、本物の無垢材の品質を高め、地産地消をモットーに国産材を使用し永く安全に快適に暮らせる住まいを提供していきたいと考えています。 つまり、素材からこだわりどの素材が害虫に強いか、湿気に強いか、耐久性があるかなど室内実験などではなく歴史から学びとり、施工、工法も同じく木造軸組の素晴らしい技術を生かし、耐震性に優れた造りにこだわり独自の流通を生かした販売で、お客様に本当にいい買い物をしたと納得の行く商品造りをすることが地域に根ざした企業ではないかと考えています。 どうか皆様には本当の本物の良さを見て触れていただき、未来の子どもたちが健康に育つ安心で安全な住まい(素材)を選んでいただければ幸いです。 当社は決して現状に甘える事なく営業、監督、職人一体となり勉強会を開催し細かな部分までも真剣に仕上げクレームゼロを目標にお客様の信頼に応え安心な住まいを提供していく事が当社エーベンハウスの使命と考えています。

詳しいプロフィールはこちら
Homeへ