一軒家の内装に迷ったらナチュラルモダンがおすすめ|茨城の注文住宅実例

ナチュラルモダンのLDK間取り

はじめてのマイホームづくりでは、間取りや設備の配置にくわえて、内装のデザインや組み合わせるインテリアなど考えることがたくさん。中でも内装のクオリティは住まい全体の満足度に影響しますので、しっかりこだわって失敗を避けたいですよね。

そんなときにおすすめなのが、幅広い間取りにマッチしておしゃれに仕上げやすいナチュラルモダンの内装仕上げ。

今回はナチュラルモダンテイストと相性の良い間取りやおしゃれに仕上げるコツを、実際の注文住宅実例を見ながらご紹介します。

これからマイホームの検討を始める方は、ぜひ選択肢の一つとしてチェックしてみてください。

 

どんな家にもマッチするナチュラルモダン

ナチュラルモダンのLDK

シンプルで現代的なモダンテイストに、やさしい木目をプラスしたナチュラルモダンは、様々な間取りやライフスタイルにマッチする汎用性が魅力です。近年人気が高い北欧テイストのインテリアなど、ハイセンスなイメージをつくりやすいのも特徴。

ベースがシンプルなのでお部屋の形を選ばず、人による好き嫌いが少ないので家族で意見が分かれにくいといったメリットもあります。高価な建材や手の込んだ装飾を必要としないため、リーズナブルにおしゃれな内装を作れる点もうれしいですね。

マイホームのデザインが固まらず迷ってしまうときは、ぜひナチュラルモダンテイストを一つの選択肢として検討してみてください。

 

ナチュラルモダンの注文住宅内装実例

さっそくおしゃれなナチュラルモダンスタイルの注文住宅実例を見ていきましょう。

 

実例①

リビング階段や梁見せ天井の縦長リビング

対面キッチンから見渡せるリビングは、柱や梁を大胆に露出しナチュラル感をプラス。正面の木目調アクセントウォールも、ナチュラルモダンテイストに溶け込んでいます。

 

開放感のあるリビングの吹き抜け

リビング部の吹き抜け窓からたっぷりの自然光が入り、明るくさわやかな空間に見せてくれます。

 

ナチュラルモダンにマッチするリビング階段

リビング階段の手すりや踏板のカラーも木部と統一して、お部屋全体でトータルコーディネート。

 

ナチュラルテイストのシューズクローク

玄関もフローリングやドアの木目でナチュラルに仕上げつつ、ホワイトのシューズボックスでスタイリッシュなモダンイメージも持たせています。大型のシューズクロークでスッキリ整理しやすく、いつまでもおしゃれな空間をキープできます。

 

【実例の詳細】空を切り取る家

 

実例②

ナチュラルモダンの横長リビング

シンプルな横長レイアウトのリビングに、力強い梁見せ天井を採用しておしゃれなアクセントにしました。

 

天然木のフローリングと無垢材の梁見せ天井リビング

フローリングと梁のトーンだけ変えることで、統一感を持たせつつ空間に変化を持たせています。

 

ダークブラウンで統一したクローゼット扉

巾木やクローゼットドアも梁と同じダークブラウンでそろえ、内装全体に高級感を演出しました。

 

【実例の詳細】自然に佇む二世帯住宅

 

実例③

平屋住宅のナチュラルモダンLDK

シンプルな間取りを作りやすい平屋の間取りも、ナチュラルモダンと相性の良い組み合わせです。リビング部分のみ屋根形状を活かした勾配天井にすることで、天然木の梁をおしゃれなアクセントとして活用しました。

 

天井の高いリビングと落ち着いたインテリア

高い天井の開放的で明るいリビングは、落ち着きのあるインテリアで上品な仕上がり。

 

木目調のペニンシュラキッチン

ペニンシュラ型の対面キッチンもナチュラルな木目調をチョイスし、LDK全体と調和させています。

 

【実例の詳細】S様邸|平倭の家

 

ナチュラルモダンの家をおしゃれに仕上げるコツ

 

・木目を統一する

木目を統一したナチュラルモダンのLDK

ナチュラルモダンのベースとなる木目やカラーは、内装全体で統一するのが基本です。

フローリング・室内ドア・窓枠・カウンターなど、室内の木部を同じ木目でそろえると、グッと上品なイメージに仕上がります。

さらにテーブルやチェストといったインテリアイテムも同じ木目に統一すると、ワンランク上のおしゃれな空間に♪ナチュラルモダンの内装を考えるときは、同時進行でインテリアもトータルコーディネートしてみましょう。

 

・収納をたっぷりつくる

大きなウォークスルークローゼットのあるリビング

シンプルな空間ほど出しっぱなしのアイテムが目立ちますので、なるべく収納量を多く確保してスッキリ状態をキープするのがおしゃれに魅せるコツ。

特にナチュラルモダンは、なるべく床にモノを置かず、フローリングの木目を広く見せると上品な雰囲気が生まれます。

リビング・寝室・廊下など各間取りに十分な収納を設け、モノがあふれないように工夫してみましょう。

 

・色を使いすぎない

3色にまとめたナチュラルテイストのリビング

内装のカラーは2~3色に抑えるのが基本です。落ち着いた印象がベースのナチュラルモダンは、特に色を使いすぎない方が上品に仕上げることができます。

壁紙のベージュやホワイト、フローリングや建具の木目の2色をベースに、使うとしてももう一色のアクセントくらいにしておくのが良いでしょう。その場合もブルーやオレンジなどのビビッドなカラーは避け、グレーやブラウン系の落ち着いたカラーがおすすめ。同じカラーのトーン違いをアクセントにするのも、大人っぽいイメージが出て素敵です。

 

・自然光を採り入れる

自然光が入る明るいリビング

天然木の質感を活かしたナチュラルモダンの内装は、自然な太陽光をたっぷり採り入れるとグッと魅力的になります。どのテイストでも明るい方が良いのは間違いありませんが、やはり自然素材と太陽光の相性は抜群です♪

特に日中過ごすことが多いLDKは、大きな掃き出し窓や角度の良い窓配置で明るさを確保してあげましょう。北側が暗くなりそうな場合、高い位置にトップライトを設けるのも効果的。

 

・部屋の形をシンプルにする

シンプルなナチュラルモダンのリビング

ベースとなるモダンテイストは、ムダな装飾をなくし直線的に仕上げるのが基本的な考え方。ナチュラルモダンも同じように、なるべくお部屋の形をシンプルにするのがおしゃれに仕上げるコツです。

家事動線や間取り全体のバランスとの兼ね合いもありますが、できるだけ凹凸の少ないシンプルなお部屋をつくりましょう。お部屋自体がシンプルな方が、木目のアクセントが引き立ってよりおしゃれに見えますよ♪

 

ナチュラルモダンと相性の良い間取り

 

・梁見せ天井

梁見せ天井のリビング

シンプルな空間にナチュラルな雰囲気をプラスできる梁見せ天井は、リビングなど広い間取りにオススメのデザインです。

本物の梁を大胆に見せるデザインは力強さや高級感につながり、天井が高くなって開放感がアップするのも大きな魅力♪

ダークー・ナチュラルなどカラーのチョイスでお部屋の雰囲気も変えられる、デザイン面での使い勝手も良いアイデアです。

 

・畳スペース

自然素材であるい草を使った畳は、ナチュラルモダンとの相性がばつぐんのおすすめ建材です。木目の空間に別の自然素材が入ることで変化が生まれ、おしゃれなアクセントとしてお部屋を彩ってくれます。

フローリングがメインの現代の間取りに採り入れるなら、リビング隣の和室や畳み小上がりがおすすめ。そのまま座ったり横になったりできる畳スペースは、子供の遊び場や在宅ワーク、アイロンがけなどさまざまなシーンで活躍してくれます。

 

・アクセントウォール

ウッドテイストのアクセントウォール

壁の一部を切り替えるアクセントウォールは、手軽にナチュラル感をプラスできるデザインアイデアです。

本物のウッドパネルを使わなくても、木目調のクロスを使えばリーズナブルにおしゃれなナチュラルモダンテイストに仕上がります。張り替え時期に木目を変えて、模様替えできるのも良いですね♪

 

・吹き抜け/勾配天井

勾配天井のLDK

高い天井による開放感やたっぷりの自然光が得られる吹き抜けや勾配天井も、ナチュラルモダンテイストにピッタリの間取り。

前述した梁見せ天井との相性も良く、高級感や力強さを演出できる人気のデザインです。

 

まとめ:内装デザインに迷ったら、ナチュラルモダンがおすすめ

マイホームの内装デザインは大きな迷いポイントの一つですが、家族で意見が分かれたときなどはぜひナチュラルモダンを検討してみて下さい。さまざまな間取りや好みに合わせやすいナチュラルモダンは、おしゃれで後悔が少ない万能選手♪木目やカラー、インテリアとの組み合わせにもこだわり、素敵に仕上げてみましょう♪

茨城県で注文住宅をご検討の際は、私たちエーベンハウスにもぜひご相談ください。材木業を前身とする私たちは、本物の木を使ったナチュラルテイストの住まいづくりを得意としています。

【建築事例一覧】

 

茨城県内にデザインや間取りを体感できるモデルハウスもご用意していますので、ぜひお気軽に活用ください。

 

平倭(平屋)の家モデルハウス
木づきの家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

 

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

 

監修者情報

エーベンハウス

エーベンハウスエーベンハウス

昨今の住宅業界は多種多様な構造、工法、設備等があふれています。弊社エーベンハウスは本当の本物の住まい造りを信念にお客様にとってなにが本当に良いものかを常に考え、安易に新しい工法、新しい建材を取り入れず、本物の無垢材の品質を高め、地産地消をモットーに国産材を使用し永く安全に快適に暮らせる住まいを提供していきたいと考えています。 つまり、素材からこだわりどの素材が害虫に強いか、湿気に強いか、耐久性があるかなど室内実験などではなく歴史から学びとり、施工、工法も同じく木造軸組の素晴らしい技術を生かし、耐震性に優れた造りにこだわり独自の流通を生かした販売で、お客様に本当にいい買い物をしたと納得の行く商品造りをすることが地域に根ざした企業ではないかと考えています。 どうか皆様には本当の本物の良さを見て触れていただき、未来の子どもたちが健康に育つ安心で安全な住まい(素材)を選んでいただければ幸いです。 当社は決して現状に甘える事なく営業、監督、職人一体となり勉強会を開催し細かな部分までも真剣に仕上げクレームゼロを目標にお客様の信頼に応え安心な住まいを提供していく事が当社エーベンハウスの使命と考えています。

詳しいプロフィールはこちら
Homeへ