コストパフォーマンスが良いハウスメーカーの選び方|茨城の注文住宅づくり

ブルーのアクセントがおしゃれなLDK

はじめてのマイホームを検討するとき最初の難関となるハウスメーカー選び。中でも特に見極めが難しいのは、耐震性や断熱性といった性能、設備のグレードやデザイン、建物価格のバランスです。性能やデザインを追求しすぎて予算オーバーも困りますし、ローコストが行き過ぎると暮らしにくくなってしまうケースも…。

そこで今回は「安くて住みやすい家を建てる」というテーマで、コストパフォーマンスが良いハウスメーカー・工務店を選ぶ方法を解説します。

ハウスメーカー選びの失敗を防ぐ対策なども紹介しますので、モデルハウスや展示会に行く前にぜひチェックしてみてください。

 

注文住宅を建てる会社の選択肢

建築中の注文住宅

まずは一般的な注文住宅の依頼先を3パターンに分け、それぞれの特徴を紹介します。

 

・大手ハウスメーカー

全国にショールームや営業拠点を持つ大手ハウスメーカーは、知名度が高いため多くの方がまず検討する選択肢ですよね。坪単価が高い高級注文住宅を扱うメーカーからローコストハウスメーカーまであり、予算に合わせた会社を選びやすいのが特徴。

経営規模が大きいため、建てたあとの倒産・撤退リスクが少ない点は安心感があります。一方スタッフが多いため経験や技術の差があり、いわゆる「当たりはずれ」がある点は注意が必要です。

大量仕入れによるコストカットが可能ですが、多くのショールーム維持費やTVCM広告料がかかっていることを考えると、コストパフォーマンスについては微妙なところ。

 

・地元ハウスメーカー/工務店

ある程度エリアを限定している地元ビルダーは、家や建築予定地の近くに拠点があるのが心強いポイント。実際に建てた人の口コミや評判をチェックしやすいのも、地域ハウスメーカーや工務店のメリットです。

コンセプトや得意なデザインを絞っているケースが多いので、自分の好みに合った会社の見極め力が求められます。

経営規模がコンパクトなので、余計な広告宣伝費や諸経費が掛かりにくい点はコストパフォーマンス面で有利と言えるでしょう。

 

・設計事務所/建築家

建物の設計だけを担当する設計事務所や建築家との家づくりは、規制の少ない自由なデザイン・間取りを実現できるのが特徴です。テレビや雑誌に出てくるようなデザイナーズハウスを目指すなら、ぜひ検討したい選択肢ですね。

基本的に設計と施工が別の会社になり、それぞれと打ち合わせする手間と諸経費がかかるためコストパフォーマンスはあまり良くありません。

 

・【結論】コスパで考えるなら地元ハウスメーカーがねらい目

コストパフォーマンスが良い注文住宅の外観

以上の3つの選択肢はそれぞれメリット・デメリットがありますが、コストパフォーマンスを優先するなら地元ハウスメーカー・工務店がねらい目です。

地元ビルダーは余計なコストがかかりにくいため、価格に対して性能や設備のグレードが高いコスパ良好な会社が多いです。もちろん会社によってコストパフォーマンスは異なりますので、次の章から実際の見極め方をチェックしていきましょう。

 

【関連コラム】⇒ハウスメーカーと工務店を地元で選ぶべき理由

 

コストパフォーマンスが良いハウスメーカーの選び方

建築中の平屋住宅

 

・営業エリアを絞っている

最近はインターネットで広いエリアに宣伝できるようになりましたが、ある程度営業エリアを限定しているハウスメーカーはコストパフォーマンスに優れている傾向があります。

車ですぐ行ける範囲なら一日に何軒も打ち合わせや建築現場を回ることができるため、結果的に人件費が安くなります。狭い範囲なら新聞チラシやインターネット広告にムダなお金がかかりにくく、結果的に一軒当たりのコストパフォーマンスにプラスに働くでしょう。

 

・自社モデルハウスがある

コストパフォーマンスに注目するなら、なるべく合同の住宅展示場ではなく自社単独のモデルハウスを持つハウスメーカーがおすすめです。

住宅展示場は毎月のテナント料がかかるだけでなく、定期的な建て替えにより数千万円のコストがかかっています。対してハウスメーカー所有の単独モデルハウスはテナント料がかからず、一定期間使用したあと販売するケースも多くかなりのコストダウンが可能です。

結果的に一軒当たりにかかる諸経費が安くなるため、コストパフォーマンスの良い家づくりができるというわけです。

 

エーベンハウスの二階建てモデルハウス情報エーベンハウスの平屋モデルハウス情報

【参考】エーベンハウスのモデルハウス情報

 

・継続年数が長い

創業からの継続年数は会社の信頼性を計るだけでなく、コストパフォーマンスをチェックする一つの指標にもなります。

経営が長い会社は営業効率化によってムダなコストの削減が進んでいるはずです。取引先との信頼関係が構築できていれば、材料の仕入れコスト圧縮にもつながります。

 

・自社開発の工法や商品を持っている

建築中の新築住宅の土台

会社自体の経営体制にくわえて、取り扱っている住宅商品にも注目してみましょう。自社開発の工法や住宅モデルを持っているハウスメーカーは、コスト削減への取り組みが期待できます。

地域密着型のハウスメーカーや工務店の場合、大手ビルダーの住宅商品を扱うフランチャイズ経営も多く見られます。フランチャイズ商品は開発費がかからないため一見コストパフォーマンスが良さそうですが、経営を続ける限りフランチャイズ料がかかるため、一軒ごとの諸経費に反映されます。

対して自社開発なら開発費用のみで後はコスト削減を進めることができるため、経営年数が長くなるほどコストパフォーマンスが良い商品になります。

 

ハウスメーカー選びでよくある失敗と対策

最後に、ハウスメーカー選びで多い失敗談と、対策をセットでご紹介します。覚えておいて、会社選びの際のチェックポイントとして活用してみてください。

 

・担当者とウマが合わない

設計や営業の担当者とのウマが合わないと打ち合わせがうまくいかず、最終的な間取りプランや仕上がりに不満を感じてしまうケースが多いです。

特に注文住宅は打ち合わせの回数や期間が長いため、担当者とうまくいかないと工程が進むほど不満も大きくなります。

 

【対策】⇒展示場やイベントに参加して会社の雰囲気をチェック

モデルハウスのLDK

何でも話せる相性の良い担当者を見つけるには、なるべくハウスメーカーのモデルハウスや完成見学会などで会社の雰囲気・営業姿勢をチェックするのが効果的です。

質問に真摯に答えてくれる姿勢や、ギモンや不安に先回りしてくれる気遣いなど、人間として気持ち良く付き合えるかという観点を確認してみてください。無理に見積もりに持ち込もうとしたり、そっけなく扱われたりする会社は信頼できませんよね。

時間が許すのであれば、1回だけではなく何度か話をする機会を設けてみると、さらにどんな会社かつかみやすいのでおすすめです。

 

【参考】⇒エーベンハウスのイベント情報

 

・初期不良に全然対応してくれない

日本の新築住宅は建築基準法で保証の範囲や期間が定められていますが、いざ初期不良が起きた際に全然対応してくれないというのはよくあるトラブル談です。残念なことですがこうした事例は大手・中小に関わらず報告されています。

 

【対策】⇒契約前にアフターフォローの流れを確認する

保証期間の確認はもちろんですが、いざ不具合が発生した時の対応についても、契約前にしっかり確認しましょう。特にアフターフォロー部門が遠いと対応が遅くなる可能性があるため、なるべく新居の近くから来てくれる会社を選ぶのがおすすめです。

 

 

まとめ:コストパフォーマンスに注目して適正価格で良い家を建てましょう

大切なマイホームを建てるハウスメーカー選びは、価格と性能・デザインのバランス感覚が重要です。「安かろう悪かろう」を回避しつつ予算オーバーも防ぐのはなかなか大変ですが、今回ご紹介したポイントに注目して「安くて良い家」を建てましょう。

茨城県でマイホームづくりをご検討の際は、わたしたちエーベンハウスにもぜひご相談ください。元々材木業から始まったエーベンハウスは、品質の良い国産材の住まいをリーズナブルな価格でご提供しています。

自社開発の「ママフレハウス」「木づきの家」「平倭の家」など幅広いラインナップもそろえております。どのようなご相談もお気軽にお声掛けください。

【建築事例一覧】

 

茨城県内の二カ所に平屋・二階建てそれぞれの自社モデルハウスもございますので、こちらもお気軽にどうぞ♪スタッフ一同お待ちしております。

エーベンハウスの二階建てモデルハウス情報

木づきの家モデルハウス

 

エーベンハウスの平屋モデルハウス情報

平倭(平屋)の家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

 

 

この記事を読んだ方におすすめ


・コスパの良いモダンな家づくりのススメ|注文住宅内装・外観実例【茨城】
・家を建てる前にチェック!理想の間取りの考え方|茨城の注文住宅実例
・子育てしやすいママに人気の間取りづくり♪
・30坪の平屋を注文住宅で建てる価格と間取り~茨城の平屋でちょうどいい暮らし


 

Homeへ