3LDKの平屋を注文住宅で新築する~茨城の無垢材で建てる本物の家づくり

茨城で平屋を建てるなら、ちょうどいい間取りで、無垢材をふんだんに使った木の家づくりをしたい。そう考えたとき、ちょうどいい平屋の間取りは、どれくらいなのでしょうか。子育て世代が茨城で平屋を建てるなら、25坪~30坪程度の広さで、3LDKの平屋を建てたい、と思うかもしれません。2階建てなら4LDKが標準的なサイズですが、平屋なら3LDKが人気の間取りです。そこで今回は、3LDKの平屋の間取りのポイントや費用について解説します。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

 

3LDKの平屋の間取りと部屋の広さ

まず、3LDKの平屋の間取りのパターンと、各部屋の広さを確認しておきましょう。

一例ですが、

25坪の平屋の場合、【LDK】16畳 【寝室】6畳 【子供部屋】6畳 【和室】4.5畳

30坪の平屋の場合、【LDK】18畳 【寝室】8畳 【子供部屋】8畳 【和室】6畳

といった間取りが可能です。子供部屋に8畳~10畳ほど確保すれば、他の部屋との調整で、小さく仕切り、4LDKに変更するという選択肢もあります。

木造住宅はマンションのような鉄骨の柱の出っ張りがない分、構造材をふんだんにつかっても居室は広々と確保ができます。間仕切りを引き戸にすれば、より開放感のあるひとつながりの空間がつくれ、注文住宅ならスペースに応じて収納も必要な場所に広めに確保することも可能です。

 

茨城の3LDKの平屋の新築相場

茨城の平屋の新築相場は、地域の工務店であれば、25坪の3LDKの場合、1,500万円前後。30坪の3LDKの場合、1,800万円程となります。大手ハウスメーカーで平均坪単価が80万円の場合、25坪で2,000万円~、30坪で2,400万円~です。

 

茨城の工務店で無垢材で3LDKの平屋をリーズナブルに建てるには

当社が良質な無垢材をふんだんに使い、頑強な平屋、ワンランク上のグレードの素材を使った注文住宅をリーズナブルな価格でご提供できるのは、林業からはじめた元材木商だから。地元の森林組合との提携により、自社流通システムを構築していますので、中間マージンを35%カットできる確固たる仕組みがあるからなのです。

平倭の家

3LDKの平屋のメリット・デメリットは?

では次に、3LDKの平屋のメリットとデメリットを確認してきましょう。

【メリット1】家族構成の変化に応じて使い方を変えやすい

3LDKの平屋の場合、ファミリー世帯なら夫婦と子供1~2人の場合、リビング、寝室、子供部屋、和室といった間取りになることが多いでしょう。子供部屋を2部屋にするか、1部屋を広めにして間仕切りができるようにするなどの方法も考えられます。夫婦2人の場合も、1部屋を、書斎などの仕事部屋、趣味の部屋、ペットの部屋にするなど、ライフスタイルに応じて使い方は様々です。

 

【メリット2】ほどよい距離感でコミュニケーションがとれる

リビングと寝室以外に2部屋確保できるので、個室の部屋の位置を工夫すれば、プライバシーを考慮しつつ、コミュニケーションもとりやすい間取りが検討しやすいのがメリットです。

 

【メリット4】水回りを集約しやすい

3LDKはほどよい距離感で各部屋が配置できるので、水回りは1か所に集約しやすい部屋数です。平屋の4LDKは、家族構成が増えたり、二世帯住宅にする場合などに採用される間取りです。世帯人数が増えると生活時間の違いやプライバシーも考慮する必要があるため、トイレや洗面所の増設も検討することもあるので、水回りを集約しやすい3LDKはコスト面でもリーズナブルだと言えます。

 

【メリット5】家事が楽になる

水回りが集約され、LDKを中心とした位置に配置ができるので、家事動線が良くなります。2階建ての暮らしの様に洗濯物を干すために何度も階段を上り下りしなくてもよいのはもちろんですが、動線がコンパクトに収まるので、ワークスペースで仕事をしながら並行して家事もしやすくなりますので、職住融合の家づくりという視点からも、仕事と家事の両立もしやすく家事効率が良くなります。

 

【メリット6】年齢を重ねても暮らしやすい

3LDKの平屋は、リビングまわりに部屋を配置しやすく、水回りも集約しやすいので、子供が独立した後の夫婦世帯になっても、生活動線が広がらず暮らしやすい間取りです。そもそも平屋はフラットな空間でバリアフリー住宅にしやすいので、新築時から大きなリフォームをすることなく、長く暮らしやすいのも安心です。

 

このように様々なメリットがある3LDKですが、若干デメリットもあるのでチェックしておきましょう。

 

【デメリット1】世帯人数が増えるともう1部屋欲しくなる

3LDKは、子供が2人までなら間仕切り壁などを配置すれば部屋数も調整しやすいのが3LDKの間取りです。当然と言えば当然ですが、さらに子供が増えたり、同居世帯が増える場合は、当然もう1部屋欲しくなります。増築したり、予め4LDKにする方法もありますが、ライフステージの変化を見据えると、3LDKの間取りをベースに新築し、部屋を増やしたい場合は、広めの部屋に間仕切りをして4LDKのように調整できます。部屋数を減らして2LDKのように使いたい場合は、リビングからつながる居室を引き戸にして、ひとつながりに使えるようにすると便利です。

 

【デメリット2】プライバシーを確保しやすさは間取りによる

3LDKの平屋はリビングを中心に個室を配置し、水回りも集約しやすいので、生活動線もコンパクトになります。プライバシーをほどよく確保したい場合は、部屋の位置を少し離すなどの工夫が必要となります。

 

平倭の家

3LDKの平屋の間取りのポイントとアイディア

では、平屋を3LDKでまとめる場合の間取りの工夫を検討してみましょう。

 

敷地の周辺環境と敷地内の配置のバランス

平屋は敷地の周辺環境に影響を受けやすいので、立地選定からはじまり、隣接する建物や土地の利用状況に応じて、敷地内の最適な位置に建物を配置する必要があります。立地条件によって最適な家の形や位置は変わりますので、設計士や工務店スタッフに相談しながら、最適なプランを検討する必要があります。

 

屋根の形の工夫

平屋は、自然環境や隣接する建物との位置関係によって、採光・通風をどう工夫するかが家づくりの重要なポイントの1つです。

平屋は上層階がないので、天井高の自由度も高く、屋根の形も片流れにもできます。

採光を重視するなら、天井高を確保して高窓などを配置することもできます。

平屋の片流れの広い屋根を活かすると太陽光パネルも設置しやすくなるので、光熱費もおさえやすくなります。

 

間取りは動線で考える

平屋の暮らしをより快適にするには、もちろん動線を重視した間取りにする必要があります。

例えば、主動線となる、ただいま動線は、玄関、廊下、水回りへの流れ。新しい生活様式で推奨される帰宅後の手洗いうがいがスムーズにできることも重要です。

機能動線となる家事動線は、LDKから、パントリー、勝手口、ランドリースペースなどへの往復距離を短く、さらに行き止まらずに回遊できる動線の間取りにすると、日々の家事の負担が知らず知らずに楽になっていることを、住み始めてから実感できます。

 

収納スペースと場所

動線を考える上で、アフターコロナの家づくり、あるいは防災的な観点からも、これまで以上に重要になったのが、収納の間取りです。

 

重い買い物袋や箱買いの買い物を玄関から搬入するとき、玄関からキッチン周りにパントリーがあると便利です。かさ張る日用品などの収納スペースも、これまでよりも多めにストックしておくことができるとよいですね。

玄関に、靴、傘、帽子、コートなどの身の回り品を収納できるシューズクローゼットを設置する方も増えました。土間からそのままウォークインできる広めのファミリークローゼットにすれば、ベビーカー、アウトドア用品、車いすも収納できるので、ライフスタイルの変化に応じて自在の使い方ができます。

まとめ

茨城の平屋の新築相場は、地域の工務店の場合、25坪の3LDKの場合、1,500万円前後。30坪の3LDKの場合、1,800万円程です。

25坪の間取りはLDK16畳、居室6畳程度、30坪の場合、LDK18畳、居室8畳が目安です。3LDK平屋の魅力は、家事が楽になる、収納も多めに確保しやすいなどの暮らしやすさはもちろん、家族構成やライフスタイルの変化にあわせて部屋の使い方を変えることができる点にもあります。比較的コンパクトでありながら、汎用性も高い3LDKの平屋は、これからも人気のちょうどいい暮らしができる間取りの家と言えるでしょう。

茨城で平屋を建てるならエーベンハウスにご相談ください

エーベンハウスとは、ドイツ語で「平らな家」。無垢の木の素材や基礎からこだわった地震が来ても傾かない「骨太で平らな本物の家」を選んでいただきたいという想いから名付けました。

私たちは、木をふんだんに使った健康な家づくりをしています。前身は林業として始めた入江木材です。茨城の森を創ってきた木を知り尽くす私たちだからこそ、木材の快適性や安全性など優れた性能を最大限に生かした家づくりをしています。

高品質・適正価格の上質な木材を見極め、中間マージンを大幅にカットして、ワンランク上の素材をリーズナブルにご提供します。長く安心して住める家づくりをモットーに安全で健康的な建材のみを使用します。

施工エリアは、石岡市、小美玉市、かすみがうら市、鉾田市、行方市が中心です。その他のエリアの方もご相談ください。

確かな品質と保証、地域に根差した住まいづくりで、いつまでも住まいに関する相談ができるハウスドクターのように住まいの問題を解決していきます。

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

平倭(平屋)の家モデルハウス
木づきの家モデルハウス
〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

平倭の家

Homeへ