回遊動線の間取り実例|30坪〜40坪台の平屋・2階建て紹介。玄関の方角などチェック

回遊動線

マイホームの間取りプランを検討中に、「回遊動線の間取り」という言葉に出会うことと思います。

「何を回遊するの?」、「回遊動線の何が良いのか?」など、具体的なイメージがわかないという方も多いのではないでしょうか。

そこで地元・茨城の木材にこだわり、快適なマイホーム建築のお手伝いをしている『エーベンハウス』が、回遊動線について詳しく紹介します。

回遊動線のメリット・デメリット間取り実例などから、ご家族にとって回遊動線の間取りが最適な選択かどうかを見極めましょう!

回遊動線の間取りとは?メリット・デメリットを確認

木づきの家

「回遊動線はおしゃれで使い勝手が良い」とよく言われますが、実はライフスタイル・土地の状況などによっては回遊動線が合わないケースもあります。

まずは回遊動線の意味と、メリット・デメリットを確認しましょう。

回遊動線とは?何を回遊するの?

「回遊動線」は、回遊魚(快適な環境を求めて行ったり来たりする)をイメージして生まれた言葉です。

より効率的に移動したり・家事をしたりできるプランの1つとして、「なるべく行き止まりをつくらない間取り」を回遊動線と読んでいます。

回遊動線の間取りをつくる際には、ご家族のライフスタイルの中心となる場所を決め、その周辺を壁や部屋で仕切らないプランを考えます。

回遊動線の中心となる場所
  • 収納
  • 階段
  • リビング
  • 水回り(キッチン・洗面所・お風呂・トイレ)
  • 玄関

 

そんな回遊動線には、メリット・デメリットどちらもあります。

回遊動線の間取りのメリット

回遊動線の間取りは、「この動線ならもっと家事・育児の効率がアップする」と明確な考えをお持ちのご家族におすすめです。

回遊動線のメリット
  • ご家族のライフスタイルに合う「家事動線が良い間取り」をつくりやすい
  • 1つの場所にアクセスする経路が増える(廊下で渋滞が起こりにくい)
  • 回遊動線の途中にある扉を開放すると、家全体が見渡せる&広く見える
  • バリアフリーと相性が良い

 

「1人1人の生活時間が違うご家族」、「段差ゼロなどの利便性を重視するご家族」などは、回遊動線の間取りでマイホームの快適度がアップするのではないでしょうか。

回遊動線の間取りのデメリット

回遊動線の間取りのデメリットは、以下のとおりです。

回遊動線のデメリット
  • 動線のための通路を確保するために、居室や収納スペースを削るケースがある
  • アクセス経路が複数あるため、不意に見られたくない場面(脱衣所での着替え等)を見られることがある
  • 壁と扉を比べると、扉の方が構造上弱い(耐震強度を守って建築するため、あえて比較した場合です)
  • 1つの部屋に複数の間口があるため、インテリア・家電のレイアウトが難しい

 

特に家電のレイアウトについては、壁や部屋の四隅を使うことを考えますよね。

「回遊動線の間取り=間口の多い間取り」でもあるため、家電が多いご家庭はレイアウトに困る可能性があります。

(例)

回遊動線の間取りのデメリット

また来客の多いご家庭では、壁があることで安心して過ごせるケースもあります。

ぜひ「ご家族のライフスタイル」と「回遊動線の間取り」の相性を考えて、最適な選択をして頂けると幸いです。

回遊動線の間取りのデメリットを解消する方法を、こちらの記事で紹介しています。

〈関連ページ〉回遊動線のある家づくりの後悔を防ぐコツ|メリット・デメリットを解説

回遊動線の間取り|30坪〜40坪台の平屋・2階建て実例紹介

エーベンハウスが建築した住宅の中から、回遊動線の間取りをピックアップしました。

今回は、1人〜5人ほどまで幅広い世帯人数に対応できる30坪〜40坪台の平屋・2階建て間取りを紹介します!

※画像下のURLをクリックすると、内装・外観などもチェックできます。ぜひごらん下さい。

収納を中心とした回遊動線の間取り

はじめに延床面積35.06坪の平屋間取りで、南向きの玄関を中心にして、ファミリースペース・プライベートスペースを左右に分けています。

家の中心に設置した収納を回遊できる動線で、片付けが面倒にならず、生活感を上手に隠しておしゃれな空間づくりがしやすくなりますね。

回遊動線の間取り

〈関連ページ〉施工事例 S様邸|平倭の家

 

次に、延床面積34.06坪の2階建て住宅です。

家電の位置を意識し、収納スペースも確保しながら回遊動線に必要な間口をプランニングしています。

回遊動線

1階

〈関連ページ〉エーベンハウス スタイリッシュ 2階タイプ1

2階の間取りもチェックしてみましょう。

各部屋「四角の箱+収納」というつくりなので、プライベートスペースも無駄なくインテリアを配置できます。

スタイリッシュ2階タイプ1

2階

〈関連ページ〉エーベンハウス スタイリッシュ 2階タイプ1

階段を中心とした回遊動線の間取り

次に、延床面積45.09坪の2階建て住宅です。

LDK内階段を中心として、「キッチンへのアクセス2経路」・「洗面脱衣室へのアクセス2経路」を確保しています。

「入浴後に玄関ホールを通らずLDKへ戻れる」、「帰宅後に手洗いをしてそのままキッチンへ行ける」などの動線が便利です。

回遊動線

1階

〈関連ページ〉エーベンハウス ママフレハウス プラン事例

こちらは2階の間取りで、居室を通らずに(ドアの開閉をせずに)バルコニーへ出られます。

洗濯物をスムーズに干せますね♪

ママフレハウス プラン事例

2階

〈関連ページ〉エーベンハウス ママフレハウス プラン事例

回遊動線の間取りは、バリエーションが豊富です。ぜひ依頼するハウスメーカー等に相談しながら、長く快適に過ごせるプランを検討して下さい。

「回遊動線の間取り」口コミをチェック

回遊動線の間取り実例を確認しましたが、「本当に快適なのか、まだわからない」と感じている方もいらっしゃると思います。

そこで実際に回遊動線がある家に住んでいる方からの口コミをまとめました。良い口コミ・悪い口コミどちらも紹介するので、参考にして下さい。

良い口コミ

回遊動線の間取りに実際住んでいる方からの良い口コミは、「育児中の手間が減る」という声が多い印象でした。

回遊動線の良い口コミ

回遊動線の良い口コミ

回遊動線の良い口コミ

悪い口コミ

回遊動線の間取りについて、悪い口コミがあることも事実です。

特に多いのは費用面に関する口コミで、「回遊動線を後悔している…」という声もありました。

回遊動線の悪い口コミ

回遊動線の悪い口コミ

回遊動線の悪い口コミ

 

口コミから、「回遊動線と広いスペースの組み合わせ=動線が長くなる」という注意点もわかりました。

「フロア全体を回遊可能にする」、「フロアの一部を回遊可能にする」どちらも可能なので、動線の距離も考えながら間取りプランを作成しましょう。

こちらの記事で、家事が楽になる間取りアイデアを紹介しています。

〈関連ページ〉令和の家事動線間取りアイデア集|30坪家事ラクハウス実例

まとめ

回遊動線の間取りについて、メリット・デメリット、実例、口コミなどを紹介してきました。

回遊動線でご家族の快適な暮らしを実現するためには、実際の生活をイメージしながら設計プランを作り込むのが大切です。

またご家族構成・ライフスタイル・予算に応じて回遊動線が最適な選択かどうかを判断するのも重要ですね。

ぜひ信頼できるハウスメーカーをマイホームづくりのパートナーに選び、プロの意見も参考にしながらプランを組み立てて下さい。

茨城県の県央・県南・鹿行エリアでマイホーム建築を検討中の方は、『エーベンハウス』がご相談を承ります。

『エーベンハウス』は動線の良い間取りづくりが得意なハウスメーカーで、収納力・費用などとのバランスを考慮し、ご家族に寄り添うプランを提案いたします。

また地元「茨城県産の高強度の木材」を柱・土台・梁などにもれなく使用するこだわりにも定評があります。

無垢材の香りが気持ちい良い快適なマイホームをご希望の方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

エーベンハウスの二階建てモデルハウス情報

木づきの家モデルハウス

エーベンハウスの平屋モデルハウス情報

平倭(平屋)の家モデルハウス

お問い合わせ

施工エリアを事前にチェック

茨城県

かすみがうら市・つくば市・土浦市・小美玉市・水戸市・石岡市・笠間市・茨城町・行方市・鉾田市


お問い合わせ内容* (複数選択可) 

お問い合わせ経緯* (1つ選択)  

ご氏名*

郵便番号*

都道府県*

以降の住所*

お電話番号*

メールアドレス*

建築予定地

お問い合わせ内容(ご希望日時・見学希望の現場やイベント名をご記入ください)


監修者情報

エーベンハウス

エーベンハウスエーベンハウス

昨今の住宅業界は多種多様な構造、工法、設備等があふれています。弊社エーベンハウスは本当の本物の住まい造りを信念にお客様にとってなにが本当に良いものかを常に考え、安易に新しい工法、新しい建材を取り入れず、本物の無垢材の品質を高め、地産地消をモットーに国産材を使用し永く安全に快適に暮らせる住まいを提供していきたいと考えています。 つまり、素材からこだわりどの素材が害虫に強いか、湿気に強いか、耐久性があるかなど室内実験などではなく歴史から学びとり、施工、工法も同じく木造軸組の素晴らしい技術を生かし、耐震性に優れた造りにこだわり独自の流通を生かした販売で、お客様に本当にいい買い物をしたと納得の行く商品造りをすることが地域に根ざした企業ではないかと考えています。 どうか皆様には本当の本物の良さを見て触れていただき、未来の子どもたちが健康に育つ安心で安全な住まい(素材)を選んでいただければ幸いです。 当社は決して現状に甘える事なく営業、監督、職人一体となり勉強会を開催し細かな部分までも真剣に仕上げクレームゼロを目標にお客様の信頼に応え安心な住まいを提供していく事が当社エーベンハウスの使命と考えています。

詳しいプロフィールはこちら
Homeへ