家を建てたい!みんなのギモン集めました|茨城県のハウスメーカーが解説

建築中の注文住宅

賃貸や今の持ち家が手狭になり「家を建てたい!」と思ったとき、資金計画や土地探しなど考えることがいっぱいで迷いますよね。ほとんどの方にとって住まいづくりは初めてのことですから、何から手を付けて良いか分からなくてもムリはありません。

そこで今回は、マイホームの検討初期段階でやるべきことと、家づくりでよくあるギモンを集めました。

家を建てたいけど何から手を付けて良いか分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

家を建てたい!と思ったらまず始めるべきこと

 

・家族会議をする

家電収納のある壁付けキッチン

出産や友人の勧めなどマイホームを建てたくなるきっかけはさまざまですが、最初にやるべきことは家族会議です。しっかり時間をつくって話し合いの場を設け、家を建てる目的や基本的な方針をまとめておくことが大切です。

例えば「友達が建てたからうちもなんとなく」という曖昧な目的だと、良い家を建てるのは難しいです。仮に同じ家族構成でも生活習慣や趣味は違いますし、自分たちにピッタリ合わせた間取りを考えなければいけません。

「今より広い家に住みたい」「家事室をつくりたい」などどんな目的でもOKですから、叶えたいライフスタイルや今の住まいに関する不満を書き出してみましょう。一つずつクリアしていけば、理想のマイホームを考えることができるはずです。

 

・施工事例を見てみる

施工事例一覧

家族会議と同時進行で取り組みたいのは、たくさんの施工事例をチェックすること。いろいろな家の間取りアイデアやデザインを見ることは、自分の家を考えるときにとても参考になります。

難しく考えずに、お仕事や家事の空き時間にパラパラと写真を眺めるだけでも十分です。気に入った施工事例があったら、ブックマークしたりスクラップしたりしておきましょう。お気に入りが溜まったら見返してみると、自分の好きなデザインの傾向が分かります。

 

・モデルハウスや見学会で実物を見てみる

モデルハウスの内装

家族の方針や好みがある程度固まったら、モデルハウスや見学会に参加して本物の間取りを体感してみましょう。実際の広さやデザインの雰囲気を感じることで、さらに理想のイメージを細かく作り込むことができます。

一度モデルハウスを見学した後、自宅で落ち着いてから家族会議をして、もう一度チェックしてみるのもおすすめです。一回目とは違う発見があったり、疑問を解決したりできるため非常に勉強になります。

小さなお子さんが居るとじっくり見るのはなかなか大変ですが、時間と手間を惜しまずしっかり取り組んでみましょう。

 

家を建てたいけど…みんなの気になるギモン

建築中の新築住宅の土台

 

・建売と注文住宅ってどっちが良い?

完成した一軒家である建売住宅と、自由設計の注文住宅、どちらが良いかはマイホーム検討でみんなが迷うポイントです。建売と注文住宅はそれぞれメリット・デメリットがあるため、ライフスタイルや目的に合わせて選ぶことが大切です。

 

建売住宅 注文住宅
メリッ
  • 予算オーバーの心配がない
  • ローンが一括でわかりやすい
  • 実物をチェックできる
  • すぐに引っ越せる
  • 間取りデザインが自由
  • 予算を調整しやすい
  • 建築過程をチェックできる
  • 好きな土地に建てられる
デメリット
  • 間取りやデザインを選べない
  • ほかの家と被る
  • 人気のエリアは少ない
  • 建築途中をチェックできない
  • プラン作りに時間がかかる
  • 予算が膨らみやすい
  • 土地と建物のローンが別

 

一般的には上記のようなメリット・デメリットがあり、例えば急いで引っ越したい場合建売住宅の方が向いています。ただし建売は間取りを選べないため、住みやすさにこだわるなら注文住宅を選ぶのが良いでしょう。

建売の方が安いイメージがありますが、実は注文住宅もしっかり予算調整すればそれほど相場は変わらないことが多いです。完成までの期間に余裕があるなら、しっかり作りこめて満足度が高い、注文住宅がおすすめです。

 

・ローンが通るか心配なのですが…

頭金がない、車のローンが残っているなど、さまざまな要因で住宅ローンの審査が通るか心配する方も少なくありません。審査の通りやすさはローン会社やプランによって変わりますし、注文住宅の場合借入金額を調整して通しやすくする作戦も使えます。

「頭金が2割ないと住宅ローンは通らない」と言われることが多いですが、頭金がなくても年収と借入金額のバランスに無理がなければ通るケースもあります。夫婦共働きなら、共同名義で審査を通すといった方法も。

一度審査に落ちてしまっても、ほかの金融機関やローン商品を活用することもできますので、あきらめずお気軽にご相談ください。

 

・市街化調整区域に建てて問題ない?

郊外の市街化調整区域

一般的な「市街化区域」とくらべて価格が安いことが多い「市街化調整区域」ですが、その分デメリットも気になるところ。結論としては、市街化調整区域に建てるのはよほどの理由がなければ避けた方が良いでしょう。

そもそも市街化調整区域とは、街づくりを抑制して自然を保護したり、街が無秩序に広がったりするのを防ぐための土地を指します。市街化調整区域に家を建てる場合、一般的には下記のようなメリット・デメリットがあります。

 

市街化調整区域のメリット
  • 価格が安い
  • 税金が安い
  • 静かで自然に囲まれた土地が多い
市街化調整区域のデメリット
  • 商業施設や公共交通機関に乏しい
  • 上下水道などのインフラ整備が不十分
  • ローンが通りにくい
  • 資産価値が少なく売却が難しい
  • 複数の申請と許可が必要

 

価格や維持費用が安い点は大きな魅力ですが、市街地から距離が離れている分利便性が悪く暮らしにくい点は大きなデメリット。今後人口が減少していく日本では、上下水道や電気などのインフラ整備が遅れるなどの問題も予想されます。

森に囲まれた静かな土地で暮らしたいなど明確な理由がないなら、市街地調整区域は避けた方が良いでしょう。

 

・安くて良い家を建てるのは無理?

コストを抑えた新築のLDK

マイホームは大きな金額の買い物ですから、子育てや老後の費用を考えるとなるべく安く建てたいですよね。結論から言えば、なるべくムダな費用を省いてコストパフォーマンスに優れた家を建てることは不可能ではありません。

 

  • 広告宣伝費やムダな経費が少ない地元の会社で建てる
  • ムダな装飾のないシンプルなデザインにする
  • 駅前や人気エリアを避けて郊外の安い土地を選ぶ
  • 水回りの位置をまとめる
  • 屋根裏などデッドスペースを活用する

 

ざっと挙げるだけでも上記のようなコストダウンアイデアがあり、品質を落とすことなく費用を抑えることができます。

ただしやみくもに価格だけを追求すると、目に見えない耐震性や断熱性能などに悪影響が及ぶケースもあります。日当が安い職人を使われて、施工ミスが発生する可能性もゼロではありません。

新築のコストを抑える際は、必ず「安くなる根拠」がある方法を選びましょう。

 

現金が必要になる新築の費用

注文住宅の土台

注文住宅を建てる際、土地や建物本体の費用に加えて諸経費が掛かることも忘れてはいけません。土地と建物だけで計算すると、あとで諸経費の存在を知って慌てることになります。注文住宅の諸経費は代表的な物だけでも以下の物があります。

 

  • 土地の手付金
  • 住宅ローン借入費用
  • 印紙税
  • 登記費用
  • 設計管理費
  • 地鎮祭費用
  • 引っ越し代

 

土地と建物の価格にもよりますが、これらの諸経費は200~300万円前後かかるケースが多いです。住宅ローンに含めることができないため、現金で用意するかつなぎ融資を利用する必要があります。資金計画を立てるときはこのような諸経費までしっかり考え、慌てないように準備しておきましょう。エーベンハウスでは資金計画のアドバイスも対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

まとめ:家づくりのギモンはどんなこともお気軽にご相談ください

はじめてのマイホームづくりでは、誰もが何から手を付けて良いか分からないものです。今回ご紹介した取り組みやギモンの声を参考にしていただき、一歩ずつ準備を進めていきましょう。

住まいづくりについての不安やギモンについては、私たちハウスメーカーにご相談いただくのが一番の解決方法です。もし茨城県で住まいづくりをご検討なら、私たちエーベンハウスにぜひご相談ください。間取りやデザインはもちろん、土地探しや資金計画まで、住まいづくりのことならどんなことでもアドバイスさせていただきます。

【建築事例一覧】

 

茨城県内に自社モデルハウスもございますので、イメージづくりにもぜひご活用下さい。スタッフ一同お待ちしております。

 

平倭(平屋)の家モデルハウス
木づきの家モデルハウス

〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446−36

 

本物の素材を使ったエーベンハウスの平屋の家づくりについての資料請求はこちらから:お問合せフォームへのリンク

Homeへ