小美玉市で建てた平屋住宅の紹介~茨城 注文住宅~

古い家での不満を全て解消~セカンドライフを充実させる住まい~

定年を迎え、夫婦水入らずのセカンドライフのため、「終の住処」として新築されたS様ご夫妻。それまでの母屋は農村部によく見られる、大きく、部屋数の多い平家。隙間風が入ってエアコンが効きづらく、冬場は暖房を焚いても部屋と部屋、部屋と廊下の温度差が大きく、とくに入浴時のヒートショックが心配されたと言います。

「この家は窓を開ければ気持ち良い風が入りますし、締めれば気密性が高く、1台のエアコンだけで家中が快適な温度になります。部屋と廊下の温度差をなくすため、あらかじめ戸を設けませんでした。これで健康的に暮らせそうです」と奥様も満足げ。

実はエーベンハウスで家を建てるのは息子さんの家に続いて2軒目。エーベンハウスを選んだのはご主人です。「安心の基礎と構造に惚れ込みました。国産の無垢材を使い、柱の数も多く、がっしりとした骨組みです。壁で隠してしまうのがもったいないくらい。」

ご主人はこのように誰よりも新しい家を楽しみしていましたが、契約直後に大病を患ってしまいました。しかし、家が完成して住み始めると、驚くほどの回復を見せます。今では「広いリビングを生かして、筋トレやストレッチをするまでになりました」と、ハツラツとした笑顔。「ストレスのない心地良い居住環境が一役買ったと思う」と奥様も嬉しそうです。

「心地良さ」は、新築にあたって最もこだわった点。玄関は広く明るく、吹き抜けで勾配天井を見上げることができます。リビングも同様に胸のすくような開放感。若干嵩上げし、好きな庭を眺めやすい高さをつけたことも開放感の一因です。

また、すっきりシンプルに暮らせる収納スペースは奥様のご希望。

「視界に入るのは、キレイに片づき、好きなものだけしかない空間。人生の最後の時間は気に入った時間だけで埋めたいと思います。」

LDKは間仕切りのない大空間。同じ敷地に住む息子さんご家族、お母様も招き、たびたびホームパーティーを開きますが、ゆとりの広さです。セカンドライフを豊かに楽しむS様ご夫妻にふさわしい住まいとなりました。

「今は家にいながらインターネットでいくらでも調べることができますが、面倒がらずに実物を見に行くことをオススメします。色合いや風合いを実施に目にしたり触ったりすることで、後々悔いのない買い物をすることができます」と奥様。ほんの少しの違和感でも毎日目にすると我慢ならない不満になっていくとのこと。家の中で過ごすことの多い奥様だからこそできるアドバイスです。

 

 

写真キャプション

【外観】

外観は家の顔。清潔感のある白を基調に、玄関まわりには温かみのある木材調のサイディング。引き戸にしたことで開けるときに体重移動がなく、転倒防止にも。

【リビング】

お気に入りの勾配天井が印象的な吹き抜けのリビング。梁は割れにくい品質の良いものを厳選。

【玄関】

家族用と来客用に分けた2WAY玄関。開放的で明るい表情が「歓迎」のイメージを演出します。下足箱の横にはコート掛け専用のラック。

【キッチン】

調理している奥様の後ろを悠々と歩ける広さ。収納は踏み台を使わなくても取り出しができるよう、すべて低い位置に。

 

【バスルーム】

広い脱衣所で洋服の着脱もノンストレス。扉を開け放てばリビングからひと続きなので、寒暖差もほとんど感じません。

【パソコンスペース】

台所横にはパソコンスペースを設け、調べ物をしたり、レシピを探したりするとのこと。自慢の梅酒も奥様がご自分にあったレシピをネットの中で探したそうです。

【窓】

一日中どこかの窓から陽が差し込む仕掛け。かつての母屋の暗さを解消。

 

 

Homeへ