子育て世代の平屋住宅

みなさんは「平屋」にどんなイメージをお持ちでしょうか。

田舎の祖父母の家みたいななんだか古臭いようなイメージ、子育てを終えたシニアの建て替え・住み替えのイメージが強いでしょうか。

シニア世代からの需要はもちろん前から変わらずありますが、今や20代~30代のいわゆる初めて家を建てる子育て世代の一次取得者層も「平屋」のニーズが高まっています。

人気の理由

1.ワンフロアで完結

賃貸アパートやマンションで暮らしていたお客様からしてみたら、生活動線に慣れていてこれまでと変わらず快適に過ごせることが出来ます。

また、生活空間がワンフロアのみですので家族のつながりを大事にすることが出来ます。

 

2.家と庭の調和

もともと日本の住宅は平屋がほとんどでした。その当時から庭と家の関係は大切にされてきました。「借景」という言葉がありますが、昔から日本では、家の外にある自然環境を家の中に取り込むという感覚がありました。

今でも、ハイサッシを設けるなど開放感を出すなどしています。平屋は、居住空間と庭の距離が近い分、自然を感じやすくなります。

 

3.安定性がある

ワンフロアのため、建物高さが低く、構造が安定し地震に強いとされています。

 

4.空間をアレンジしやすい

2階がない分、天井の高さが取りやすくなります。屋根の形状に合わせて勾配天井にしたりして空間の演出が可能です。

 

5.温度差が少ない

ワンフロアのため、2階建ての場合の1階と2階で生じるような寒暖差がなくなります。

 

階段がなく、昇り降りがないので老後も安心できて、ワンフロアのため家族のつながりを感じやすいといったメリットに加え、今の一次取得者は核家族化の進行やモノを多く持たない価値観が広がり始め、そういった要因も平屋ブームの背景にあるのではないでしょうか。

あとは、若い世代、子育て世代に平屋=おしゃれという認識が広がってきているように感じます。

ただ、見た目だけおしゃれな平屋になれば良いということではありません。生活しやすい間取りは大前提です。子育て世代で言えば、子どものおむつ替え、家事をしながらでもお昼寝をさせられる場所のリビングに隣接した畳ルーム。どこの部屋からも外に出られて、縁側のように家族みんなでゴロゴロしたり、花火やバーベキューなども出来るウッドデッキ。まるで秘密基地のような子どもの遊び場、将来は収納にも使えるロフト・小屋裏収納等。

もちろん、デザインも大切です。ただ、そのデザインも長い目でみて飽きの来ないデザインにすることです。ただ、デザイン・見た目を気にしすぎて住んだ後に使いづらい住みづらいではせっかくのマイホームが台無しです。

それぞれライフスタイルが異なる中で、実現したい理想の暮らしに近づけるように考えることがポイントです。

 

茨城県で注文住宅をお考えの方、ぜひ一度エーベンハウスにご相談ください。

リアルサイズの平屋の展示場を始め、数多くの平屋を手掛けてきたプランと経験でアドバイスをさせていただければと思います。

 

 

 

Homeへ