工務店とハウスメーカー

そろそろ自分たちの家を建てたいと注文住宅を考え始めたときに、どこに依頼すればいいのか悩まれると思います。

一般的に大きく分けて以下の二つがあります。

・工務店

・ハウスメーカー

その中でも、工務店は非常に多くのスタイルに分かれます。工務店といっても、地域密着型の大工さんがやっているようなものから、社長が営業と設計を一貫している工務店や、地域密着型でありながら、大手ハウスメーカーのように住宅展示場をかまえ〇〇ハウスや〇〇ホームと独自のブランド名で数店舗でやっている工務店、フランチャイズに加盟している工務店など、定義が非常に広いものになります。

項目ごとの違いを見てみましょう。

・施工エリア

工務店は地域密着型、地元企業がほとんどであるため、市町村内、近隣市町村、県内が基本施工であり、会社によっては複数県に出店している場合もあるので、出店しているエリアが施工エリアであるのに対して、ハウスメーカーは全国各地に、営業所を設置しているため、基本的には全国ほぼ対応できるのがほとんどです。工務店の場合は仮にインターネットで、仮に気になる工務店、気に入った工務店を見つけたとしても、施工が出来ないケースがあります。

・プランの自由度

工務店はお施主様と間取りや外観を一緒に創っていきます。標準仕様を設定しているところもありますが、お施主様の希望に対して、叶えやすいというメリットがあります。

それに比べて、ハウスメーカーや工務店よりは自由度がやや低い傾向にあります。もともとハウスメーカーが誕生した背景として、規格化された工業化住宅を大量生産、大量供給するという目的がありました。前述の効率化に加えて、ハウスメーカーでは、ブランドイメージを定着させるためや一定の品質を保つために社内規定・基準があるところが多く、巷では〇〇ルールなどと言われ、間取り・デザインに縛りがあります。「家を創る」というよりは「パッケージ化された家という商品を販売している」というイメージに近いです。

・価格帯

工務店のほうが金額的には抑えられます。ただし、同じ条件であった場合です。当たり前ですが、坪数、間取り、仕様によってはもちろん工務店のほうが金額が高くなったりもします。他業界では、大手に価格競争は勝てない、大手企業がプライスリーダーになっているのが通常ですが、住宅業界ではそれは全く当てはまりません。その理由として、よく挙げられるのが、大手ハウスメーカーは、全国にいくつも住宅総合展示場に一般人には到底手が届かない何千万、何億という展示場を出店しています。お客様に夢を膨らませるために、最新設備を導入したり、煌びやかな仕様にしていて、常に最新のものを見てもらうために展示場の建替え頻度も高いです。また、広告宣伝費や人件費がかかる営業マンを全国に多く抱えているため、経費がより膨らみます。住宅というのは金額が高いため、売り手側のコストもそれなりにかかってくるわけです。

・アフターサービス・保証内容

アフターサービスは、工務店でも定期点検や保証制度もきちんと設けてあるところもあれば、地元により根ざしている工務店は、些細な連絡でもすぐに駆け付けてくれるという手厚い対応をしてくれるところもあります。ハウスメーカーは、保証が細かく制度化されていて、安心だと思う一方、メンテナンス方法を間違えると、保証を一切受け付けてもらえない場合もあります。

・工期

工務店では、現場で施工するので、坪数にもよりますが4ヵ月~6ヵ月、ハウスメーカーでは、2ヵ月~3ヵ月といったところでしょうか。ハウスメーカーでは、きちんとシステム化されていて、加工も工場で行い、現場では組み立てるだけなので、同じ規模でも早く仕上がります。

工務店には、それぞれ様々な特徴があります。自然素材を得意とするところ、高気密・高断熱に力を入れているところ、デザイン力をアピールしているところなど。工務店では、建築途中で躯体の部分を見学することができる構造見学会や、完成見学会などを開催しているので、より自分たちにあったものを見つけられます。

実際には、自分たちで足を運び、その会社の強み、姿勢や雰囲気、担当してくれる人との相性も非常に重要なので、それらを自分たちの肌で感じて、判断しましょう。

 

茨城で注文住宅をお考えの方、エーベンハウスに一度ご相談を。

我々は、手の届く贅沢、本物品質の住まい創りをモットーに、構造体に国産・県産材の無垢材をふんだんに使用した本当の本物の家を提供します。

Homeへ