梅雨

おはようございます。

今日は昨日と違い気温は少し低めで過ごし易いです。

出張とお休みで今週のブログは今日が初めてです。

そろそろ梅雨に入りますが梅雨は四季の上では大切な時期であり、昔は田植えの目安とされていた。

(現在と違い用水が田んぼに引き込まれていないので、田んぼに水を張るのに重要な時期であり、人間の知恵と思います)

また、一年間を通して雨の少ない時期の降水量を補うのに梅雨があります。

梅雨期の降水量は関東では300ミリ程度と言われています。

そして、春の終わりを告げ夏の始まりでもあります。

春から急に暑い夏になるのではなく体をならすためにも梅雨があります、自然とは本当に良く出来ていると思います。

ですから、この自然の法則を壊さないよう人間は生きていかなくてはいけないと考えます。

何事も法則は大切ですので、このところの地震や温暖化はその人間のわがままに対する警告ではないですかね。

自然の恵み(雨)に感謝して今日も元気に生きましょう。

Homeへ