復興支援

おはようございます。

今日は晴天です。昨日の夜中の雨は凄くふりましたね。

震災も2年も過ぎるとだいぶ落ち着いてきて、屋根瓦の修理も進みまわりを見てもブルーシートが見当たらなくなりました。

その後福島に行く機会があり原発の災害などの影響をうけて避難している人たちを見て本当に心が痛みました。

野菜などの農産物も風評被害でほとんど出荷出来ず農家の皆さんも大変な生活を強いられています。

この地域に何か支援出来ないかと考え、福島県の市役所に問い合わせたところ、まだ150世帯が仮設住宅に住んでいるとのことなので、お米をお送りしたいのですがと話すと喜びますよと言われたので、早速おおくりしましたら一月後に仮設住宅で炊き出しをし、混ぜご飯などを作り楽しそうに食べている写真とお手紙をいただきました。

心が折れないように月に一度は炊き出しなどをして有る物をもちより集会みたいにして、悩みや嬉しい事など(病気のこと、子供のこと孫の話、これからの事など)を話しているそうです。

考え方が大切で、辛く、悪く考えればそうなるし、まだこれでも良いほうだ楽しい仲間が出来たと思えば希望がわくし、こんな時のために宗教は生まれたんだと感じました。

奉仕の心を養い、小さなことでも親切にする、笑顔で相手に良い気分を与えていくと、少しずつ徳が積まれ良いことが沢山くるのでしょう。

今日も皆さんにとって良い日でありますように。

Homeへ