続き

こんにちは。

今日も晴天です。

そろそろ田んぼの時期ですね、田んぼに水をはり代掻きが始まっています。

今年も美味しいお米がとれるといいですね。

さて昨日の続きで小企業は大企業に勝る。決断と決定の違いをかいます。

1・大企業の常態は、減点主義

①リスクより、安定したリターン

②不確実な、市場に参入しない

③小さすぎる市場に、参入しない

④社会的貢献が重たくなる

⑤異質な発想が、受け入れられない

⑥顧客が求めない思われない商品は、販売できない

2・一方小企業は、加点主義で挑戦

①リスクを取りに行く

②不確実な市場にチャレンジ

③小さすぎる市場に参入

④顧客のニーズは気にしない(ニーズをこじ開け、顧客の目」を覚まさせる

⑤異質な発想を、歓迎する

3・故に、小企業は果敢に「スピード経営」ができる

  研究開→試作→パイロット生産→試販→量産が重なって進行できる

  トップと現場が一致して事に当たれる(すぐやる、必ずやる、出来るまでやる)

  大企業はこの間思考錯誤の末意思決定に迷い続ける。

4・松下幸之助は、51%の見込みがあれば「GO」をだした。

ここには「決定」ではなく、「決断」があっいた。

*この違いを私も自分なりに理解し経営にいかしていきます。

Homeへ