被災地

こんにちは

今日は晴天で凄く暖かく、春が一気にやってきた気がします。

今朝テレビでやっていましたが、

東京はもう桜が咲いていてキレイです。

当社も震災後初のお花見をしたいと思っております。

清掃後の朝礼で兄弟会の旅行の話をしました。

常磐高速の相馬区間が開通になりましたので

花巻まで4時間程度で到着しました。

その途中の相馬地区が原発の関係で被災した地域でした。

初めて見る光景に涙しました。

大きな田舎の家や養豚場を営んでいた農家、

ハウス栽培を行っていた農家、

分譲団地、新築工事中の足場のかかった住宅などが建つ町並に

人っこ1人犬一匹いません。

そしてどこの家にも洗濯物が干してなく

生活のにおいがありませんでした。

テレビで見るのとは大違いで

原発の悲惨さを改めて感じました。

瓦の落ちている家は何軒か有りましたが

それほど壊れている様子もなく

住むのには何の支障もないのに

家に帰れないのは本当に辛いだろうと感じました。

私たちの茨城は

被災したものの約2年でほとんどの家が修繕され

以前と変わらずに生活ができることに改めて感謝しました。

甥子、姪子にも

「よく見なさい、こんな大変な地域もあるんだよ」と…

自分たちが不自由の無いことにに気づき、

思いやりと優しさをはぐくんでもらえたらと思いました。

もう一度「安全」に対して考え直さないといけないと強く考えさせられました。

また今年も何か支援できたらと考えています。

Homeへ