おはようございます。

今日は第二土曜日なので入江産業はお休みです。

朝、「熊」と「春」の二匹の犬を連れて散歩に行きましたところ

梅のつぼみが大きくなってきていて

少しずつ春の感じが漂ってまいりました。

梅でひとつお話させていただきます。

皆さんは「屋号」はご存知ですか?

昔、江戸の頃は武士や大名などには名字がありましたが、

商人や百姓は名字が無く「屋号」で呼んでいた時代がありました。

本社のある大増地区はその時代宿場町として栄え200戸の民家がありました。

その七割に麹屋、現金屋(両替商)、油や(燈炉の油など)、反屋、呉服屋などの「屋号」があります。

そして私の家の「屋号」が梅屋(旅籠屋)です。

その由来を調べようと思い、2年前に東京の家系図専門の行政書士に調査依頼をかけました。

菩提寺の過去帳調べから入り、古い石碑の読み取りなど1年の月日を

要し今の私で13代目になることが判明しました。

それも梅屋の屋号が大変役にたち7代目位まで「梅屋誰べい、梅屋誰べいの子供」とか書いてありました。

この調査等は私の天命だと感じております。

ですから昨年の秋の彼岸に親戚一同を集め先祖供養をしました。

松下幸之助さんの話の中に人間は天皇家で50代、一般庶民で25代は続いているとありました。

25代さかのぼると両親、そのまた両親といるわけですがその数を聞いてびっくりしました。

なんと、3,355万4,432人の両親のDNAを受け継いでいるそうです。

だから人間は平等であり、誰しもが優れた才能を持っている。

それに気づいていないだけなのだ と言うのです。

わたしもこの事を信じ、へこたれそうになった時には勇気をもらい

先祖に守られているのだと感じています。

Homeへ