45年間、地元の木を愛し続けた想いで、茨城県石岡市のみなさまを幸せにする家づくり

資料請求

ご来場予約

お問い合わせはこちら FreeDial 0120-146-719 受付/9:00〜19:00(水曜定休)

保証は手厚く 手続きはカンタンに しろあり保証1000

保証は手厚く 手続きはカンタンに Jotoのしろあり保証が新しく生まれ変わりました。2015年4月よりスタート

主な変更点

従来、10年間で最高500万円までだった補償額が10年間で最高1000万円になります。

Jotoキソパッキング工法(以下KP工法)を標準採用している設計・施工主体者が建設し、提供する木造住宅等の物件に、竣工後10年以内に蟻害が発生した場合、最高1,000万円を限度に賠償責任補償額の給付を保証いたします。

従来、5年目に必要だった中間検査が不要になります。

※定期点検を必ず実施してください。蟻害が発見された場合は速やかにご連絡ください。

施主様のハウスケアをサポートします。

※Jotoより施主様へメンテナンス情報等を発信しますので、保証住戸登録証を必ずお渡しください。

しろあり保証1000をご利用いただくためには、住戸登録が必要です。

長年の実績が示す安心と安全

40年以上の信頼と実績

Jotoキソパッキング工法ならではの保証制度

Jotoキソパッキング工法は皆様に40年以上にわたってご愛顧いただいております。

しろあり保証制度は、Jotoキソパッキング工法の長年の信頼と実績に支えられた保証制度となっております。

累計55万戸超の登録実績

年間5万戸超の住戸登録

従来のしろあり保証制度に登録いただいている住戸は年間で5万戸以上。2002年の保証制度開始以来、累計で55万戸超(2014年12月現在)の住戸に安心をお届けしています。

長年の実績と信頼のもとに、この度10年間で最高1,000万円の保証をスタートできる運びとなりました。

薬剤以外でも保証可能

薬剤以外の防腐防蟻措置でも保証可能

自然の風を利用するJotoキソパッキング工法は、一定の公的基準※を満たしていれば、薬剤を使用しない場合でも保証を受ける事ができます。

※薬剤を使用しない場合は、防腐・防蟻措置に関して品確法の劣化対策等級2以上を満たすなど、公的な基準に準拠した工法を採用してください。Jotoキソパッキング工法自体は建築基準法施行令第49条の木部の防腐・防蟻措置に該当するものではありません。

住戸登録の流れ

しろあり保証1000をご利用いただくためには、住戸登録が必要です。

住戸登録が行える期間内に届け出を行ってください。本保証は、2015年4月1日以降竣工の物件が対象となります。

住戸登録

エーベンハウスが住戸登録を行います。

住戸登録が行える期間

竣工日の30日前~竣工後1年以内

エーベンハウス → 住所登録 → Joto

書類のお渡し

Jotoより保証住戸登録証等必要書類が送付されます。

書類が届き次第、施主様へお渡しいたします。

  • 保証住戸登録証
  • 施主様用パンフレット

Joto → エーベンハウス → 施主様

しろあり保証1000保証開始

竣工日より10年目をもって保証期間の満了となります。

特典 施主様のハウスケアをサポート
  • 保証内容確認案内の送付(住戸登録の3ヶ月後)
  • メンテナンスガイド・パンフレット送付(年1回)
  • 会員ホームページで役立つ情報を配信

登録住戸の適合・条件

  • 建築基準法令に定められた所定の検査に合格している事
  • KP工法を採用している事(KP工法の標準仕様に適合している事)
  • 保証住戸登録番号が住戸登録一覧表に記載されている事
  • キソパッキンまたはキソパッキンロング、気密パッキンロング、Joto防鼠付水切りを使用している事
  • 申請される物件は、竣工予定日の30日前から竣工後1年以内の物件が対象となります。
    (引き渡しの時点で保証住戸登録証が必要な場合はインターネットで竣工予定日の30日前以降に申請してください。)
  • 申請された内容に虚偽の内容や誤りがあった場合、保証が受けられない場合がありますのでご注意ください。

シロアリが発生しにくい住まいのために。

しろあり保証には、Joto指定3部材のご使用が必須となります。

Jotoの『しろあり保証1000』では、Joto指定3部材(キソパッキンまたはキソパッキンロング、気密パッキンロング、Joto防鼠付水切り)を使用し、Jotoキソパッキング工法の標準仕様に適合している事が保証の条件となっています。

01 Jotoキソパッキング工法

『Jotoキソパッキング工法』は基礎と土台の間にキソパッキンやキソパッキンロングを敷きこむことで、自然の気流を利用した全周換気で床下全域を乾燥させます。また、基礎と土台を絶縁することで湿気が土台に上がることを防ぎ、腐朽菌やシロアリからの被害を未然に防ぎます。建物の耐久性や建材の持つ性能を十分に発揮させる工法です。

写真:キソパッキンロング、キソパッキン

02 気密パッキンロング

玄関まわりの気密が不十分だと、第三種換気の強制排気で負圧となる室内に、床下の湿った空気が框下のコンクリートと木部の隙間を通って流れ込み、木部を湿らせシロアリや腐朽の原因となってしまいます。玄関まわりに『気密パッキンロング』を使用し隙間をなくすことで、室内に空気やカビ等が侵入するのを防ぎます。

03 Joto防鼠付水切り

『Joto防鼠付水切り』は、基礎を化粧モルタルで仕上げる際の定木代わりになるので、モルタルが床下換気孔部分に塗り込まれるのを防ぎ、『Jotoキソパッキング工法』の床下換気や壁体通気をサポートします。

透湿防水シート下端押さえ用の両面テープ Joto防鼠付水切りの必要性 床下の換気不良、外壁通気層の通気不良を発生させる可能性があります。必ずJoto防鼠付水切りを使用してください。

お問い合わせ

エーベンハウス本社
株式会社入江産業 HP
〒315-0101 茨城県石岡市大増1437-1
FAX.0299-44-3336
TEL.0299-44-3033
エーベンハウス石岡展示場
〒315-0001 茨城県石岡市石岡13446-36
TEL.0299-27-5858
FAX.0299-27-5862
Free DIal0120-146-719